開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

サイバーリーズン・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/11/11

技術文書

ホワイトペーパー
被害額は2兆円、二重脅迫型など進化するランサムウェア被害と最新の対策
データを暗号化して身代金を要求するランサムウェアの被害が止まらない。2020年の調査によると、1回の被害額の平均は約1600万円、全世界で1年間の被害総額は2兆円に達したという。日本も状況は同じだ。攻撃を受けて工場が生産停止に追い込まれた自動車会社、2000台のデバイスのファイルが暗号化され、約11億円のビットコインを要求されたソフトウェア会社など、被害は拡大の一途をたどっている。事態の深刻さから、経済産業省も経営者に向けて注意喚起のメッセージを発信した。本資料では、こうしたランサムウェア被害実態と最新の対策を解説する。従来の対策の限界、攻撃ストーリーの把握、テレワーク端末の対策など、必要となる考え方と具体的な対策を解説する。
ページ数:10ページ
内容(一部抜粋)
●なぜランサムウェアが急増しているのか
●日本においても深刻な問題に
●二重脅迫へ進化するランサムウェア
●対策のポイント

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!