開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/02/22

技術文書

ホワイトペーパー
利益への効果は約20億円、データ統合とAIプラットフォーム導入で得られる3領域の効果
大手調査会社のフォレスターによると、人工知能(AI)の実装を進める企業が増えており、企業全体でAIの適用について総合的に考えている企業はより優位に立つことができるという。だが、それにはクラウド移行への準備やガバナンス戦略が不可欠であり、それらがなければデータ量の増大が障害になってしまう。これらの課題を解決するにはどうすればいいのか。本書は、データ管理をデータ分析・AI開発と組み合わせたプラットフォームを導入した4社への調査結果をまとめている。調査によると、導入により3つの領域で経済的な効果を実感しているといい、利益は最大で2,020万ドル(約20億円)にも及ぶという。
ページ数:20ページ
内容(一部抜粋)
●増え続けるデータに必要なプラットフォーム
●導入企業4社の課題
●3つの領域での利益を分析

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!