開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社コンカー提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/04/07

技術文書

ホワイトペーパー
「経費精算不正」を発見した人はなんと6割超、不正リスク管理の実態とAIへの期待
経費精算不正とは、虚偽の理由や内容で経費精算を行い、不正実行者が利益を得る手口の不正である。具体的には精算額の水増しや架空経費などであり、これらの多くは1件当たりの不正の実行金額は僅少であるものの、発生件数が最も多く、ある調査によると、6割を超える人が経費精算不正を発見したことがあるという。本資料は、経費精算における不正リスク管理の実態を調査し、経費精算チェックが十分に機能していない理由や、AIの利用に寄せられる期待などを記載する。
ページ数:8ページ
内容(一部抜粋)
●経費精算不正リスクの実態
●チェック体制が十分に機能しない背景
●AIに寄せられる期待

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!