イベント・セミナー 検索

検索条件

キーワード ジャンル セキュリティ タグ 種別 地域 開催日時 2024年 07月 13日 ステータス 表示順 開催日順

62

並び替え

表示件数

コンピューターやインターネットは企業にとって不可欠なものとなりましたが、 便利な反面、ウイルス感染、システムの破壊、情報漏えい、災害による機器障害など、 多くの企業でさまざまなトラブルが発生しています。 あなたの会社では、情報セキュリティ対策は万全でしょうか? 本セミナーでは、情報セキュリティの基本概念から対策の必要性とリスク、 事業者が実施すべき対策まで、わかりやすく解説します。 ■セミナー内容 1.情報セキュリティとは? 2.昨今のサイバー攻撃の実態 3.サイバー攻撃のおもな種類 4.情報セキュリティの10の脅威 5.情報セキュリティ対策の事故 6.不注意による情報漏えい等の被害 7.具体的なセキュリティ対策  ・外部からの脅威への対策  ・内部からの脅威への対策 ■対象の方 販売店様/エンドユーザー様 (同業他社、個人のお客様からのお申込みについてはお断りする場合がありますので、 あらかじめご了承ください。) ■開催形式 ①オンラインでのご参加  お申込み後、クラウド型Web会議サービス「TeleOffice」でのご参加方法を  ご案内いたします。   ②会場にお越しいただく形でのご参加(先着20名)  シャープ東京ビル BtoBショールーム  東京都港区芝浦1丁目2番3号 シーバンス S館 22F 受付にお越しください。 ■その他  ご希望の方には、BtoBショールームをセミナー終了後に約30分ご案内いたします。   会場参加の方は現地でご見学いただき、   オンライン参加の方はライブ中継にてご案内となります。

Active Directory(AD)のアカウント管理はセキュリティを確保する上で必要不可欠です。 アカウント処理が頻繁になる組織改編や人事異動に伴い、このようなお悩みはありませんか? 「業務量が多すぎてアカウント処理が追いつかない」 「アカウント権限の棚卸しができておらず、セキュリティ面が心配」 「使われていないアカウントがそのままになっている」 「コマンドやスクリプトが属人化していて引継ぎが困難」 そこで当セミナーでは、上記の課題を解決するアプローチ方法として、WebベースのGUIで定型業務の自動化やアカウント権限の可視化、ファイルサーバーのアクセス権管理などを容易に実施できる弊社AD管理ツール「ADManager Plus」をご紹介します。 さらに、弊社の製品担当者が本製品の効果的な活用方法を、実際の操作画面によるデモンストレーションや導入事例を交えてご説明いたします。 こんな課題を抱える方におすすめ ・複雑なAD管理を自動化・効率化したい方 ・組織変更の度にアカウント管理に多大な時間がかかっている方 ・アカウントの棚卸し・可視化を行いたい方 ・複数のAD管理ツールを比較検討されている方 ・ADツールを提案商材として選定する立場にいる方

《日時》 2024年7月19日(金)12:00 ~ 13:00 《主催》 インターコム 《協力》 オープンソース活用研究所、マジセミ 《セミナー内容》 【情報漏洩対策の必要性】 企業や組織にとって、情報セキュリティに対するリスクマネジメントは重要な経営課題の一つとなっています。 特に、個人情報や顧客情報などの重要情報の漏洩対策は企業や組織にとっての社会的責務ともいえます。 そうした中で、多くの企業が、すでに何らかの情報漏洩対策を取っていると考えられます。 しかし「本当に今の対策で十分なのか?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか? 【見落とされがちなMacの情報漏洩対策】 情報漏洩対策を進める中で、管理の見落としや不十分さを感じる例の一つに、Macへの対策が挙げられます。 Windowsについては、対策手段が充実しているため、十分な管理が行われているケースが多くあります。 一方で、Macの対策が不十分という状況は散見されています。 【WindowsだけでなくMacの情報漏洩対策と資産管理を実現するツール】 本ウェビナーでは、WindowsだけではなくMacの管理までをしっかり行える、「MaLionCloud」を詳しく解説いたします。 その特長として、下記のような点が好評を得ています。 ・インターネット環境さえあればPCの一元管理が可能である点 ・情報漏洩対策だけでなく、IT資産管理やレポート機能といった管理に必要な機能が標準搭載されている点 ・Macのログ収集、操作制限を実施できる点 ウェビナー中では、2024年4月リリースの最新アップデートの内容も併せてお伝えいたします。 情報漏洩対策に課題を感じている方や、Macの利用についても管理を行いたいとお考えの方に特におすすめの内容です。 《プログラム》 ・受付 ・オープニング(マジセミ) ・見落とされがちなMacの情報漏洩はどうすれば防ぐことができるのか? ・質疑応答

コロナ禍以降、ランサムウェア被害を代表とする企業のセキュリティインシデントは世界中で連日のようにニュース・報道等で伝えられており、不安定な社会情勢も相まって状況はより深刻化しています。 複雑化・高度化するサイバー攻撃からビジネスデータやデバイスを守るためにはゼロトラストをベースとした持続可能なセキュリティ体制を構築・運用することが求められる一方で、限られた社内リソースの中で専門的な知識や経験を持つ人材を確保・育成することは困難であり、特にハイブリッドワークを支える Microsoft 365 等のクラウドサービスを利用する企業にとって緊急の課題となっています。 本セミナーでは、最新のセキュリティ事情やインシデント事例を交えセキュリティ対策の最適解を探るとともに、Microsoft 365を利用する企業における具体的な対策方法についてご紹介します。 こんな課題を抱える方におすすめ 特にMicrosoft 365を利用されている企業において、 ・セキュリティ対策の考え方やポイントを知りたい ・セキュリティ人材の確保に苦慮している ・セキュリティ対策に掛けられるコストに限界がある

セミナーの特徴 データ分析のはじめの一歩!時系列データを用いた予測の勘所とは ビジネスにおいて戦略を企画する時に定量的な仮説を立てるため、将来に対するデータを用いた予測が重要となります。しかし時系列データを初めて扱う場合、こんな不安はございませんか? 何から取り掛かればいいの? 初学者でも簡単に使えるデータ分析ツールはあるの? 時系列データを用いた予測をする上での勘所は? 本セミナーでは、初学者がデータ分析を始めるための<はじめの一歩>を説明します。 時系列データとは? 時系列データの見方(自己回帰、トレンド、周期性、外的要因、ノイズ) 初学者でもできる単純な時系列データの分析(ARIMAモデル) セミナー後半では、データ分析プラットフォーム Splunkの機械学習カスタマイズ機能 Splunk Machine Learning Tool Kit (MLTK)を使って、ARIMAモデルから時系列データの将来予測を実際に体験いただけます。本セミナーを通してSplunk MLTKを使うことで時系列データから簡単に将来予測ができることを実感していただければ幸いです。 ※データ分析プラットフォームの準備は必要ありません。 参加者が使用するSplunk環境はセミナー講師により準備いたしますので、お気軽にご参加ください。

【内容】 ・個人情報保護保護とサイバーセキュリティの関係 ・個人情報の漏えい等が発生した場合の影響 ・中小企業も実施するべきサイバーセキュリティ対策の基本  ソフトウェア等の最新化、認証強化、従業者教育、共有設定の見直し他 【対象】ベンチャー、スタートアップ、中小企業等の経営者様、事業責任者様 【定員】各回とも 10名様まで 【形式】Zoomウェビナー ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 一般社団法人日本プライバシー認証機構は個人情報保護法が施行される前の2001年より 長きにわたり企業の個人情報保護をサポートしてまいりました。 ・当機構ホームページURL  https://www.jpac-privacy.jp/ 個人情報保護を考える上でセキュリティの問題は欠くことができません。 特にサイバー攻撃の増加にともない、サイバーセキュリティの重要性が より高まっています。 中小企業も例外ではありません。 猛威を振るっているランサムウェア攻撃について、中小企業の被害件数が 増加しています。サプライチェーン下流の中小企業を踏み台として狙う 攻撃や、ウイルス感染した企業から連絡先などを盗んで攻撃を拡散する Emotot等の脅威もあります。 しかし、セキュリティ製品の名前は知っていても、サイバーセキュリティの 基本的な考え方はよくわかっていない、といった場合も少なくないようです。 そこで本セミナーでは、ベンチャー、スタートアップ、中小企業等の経営者様、 事業責任者様向けに、中小企業も実行するべきサイバーセキュリティの基本的な 対策を、できる限り分かりやすくご説明します。 「サイバーセキュリティ上のリスクを理解しておきたい」 「対応が必要なことは理解しているが、なにから始めればよいか分からない」 「部下に対応を依頼するにしても、自分でも重要なポイントは把握しておきたい」 といった方におすすめのセミナーです。 どうぞお気軽にご視聴ください。

ランサムウェアによる個人情報漏洩事件が多発しています! ランサムウェアはネットワークに侵入した後、単一の場所に留まることなく、エンドポイント、サーバ、データベースなどに横移動(ラテラルムーブメント)を行いながら、徐々に権限を拡大し、重要情報を探します。 このような攻撃に対処するには、従来の「ネットワーク内部は安全で信頼できる」、という境界型のアプローチではなく、「ネットワーク内部のすべてのシステムと通信を信頼せず、常に接続の信頼性を確認する」、というゼロトラストの考え方が有効です。 ゼロトラストネットワークの構築には、ネットワークを細分化しアクセスを制限する「マイクロセグメンテーション」とEDRを中心とした「エンドポイントセキュリティ」が重要です。 本セミナーでは、マイクロセグメンテーションを実現する「Akamai GuardicoreSegmentation」と、EDRを中心に次世代アンチウィルスなどを含む総合的なエンドポイントセキュリティを実現する「CrowdStrike Falcon」によるゼロトラストネットワーク構築についてご案内いたします。

≪初心者必聴!!≫ 会社の信頼を守るためにサイバーセキュリティ対策に取り組もう!   スマートフォンやパソコン、タブレットなどの情報通信機器を利用し、社内外を問わずインターネットに接続してやり取りをすることが当たり前となった現代社会において、サイバーセキュリティ対策は極めて重要です。 しかし、その重要性は理解していても、具体的な対策を進めることは容易ではありません。 たしかに、サイバーセキュリティ対策は見える成果が得にくく、どこまで行えば良いのか明確な指針がないと感じることもあります。 しかし、自社のセキュリティの不備により自社が被害を受けるに留まらず、 顧客や取引先に損害を与えた事例も多くなってきており、 セキュリティの不備は、取引先や顧客にも不利益をもたらす可能性があることを認識する必要があります。 このセミナーでは、 情報セキュリティ対策の必要性や、なにから取り組むべきかについての基礎的な考え方に加えて、 自社のサイバーセキュリティ対策の現状を可視化するためのチェックシートの活用を紹介します。 自社だけでなく、社外の大切な顧客を守るためにも、サイバーセキュリティ対策を進めましょう。

レジリエンス:どのように設計し実践するか さまざまな環境の相互接続が急速に進み、製品やサービスがテクノロジに大きく依存する中、セキュリティのリーダーはビジネスとセキュリティの2つの視点でレジリエンスを追求する必要があります。 しかしながら、こうしたレジリエンスをリアリティのある実践的な取り組みとして発展させ、浸透させるには、脅威分析やインシデント対応といった施策だけでは十分とは言えなくなってきました。 また、経営者はもとより事業責任者や現場のエンジニアに至るまで、従業員が果たすセキュリティの役割も重要視されています。 セキュリティ&リスク・マネジメント サミットでは、セキュリティのエキスパート、リーダー、さらにはイノベーターが一堂に会し、デジタル時代のリスクとテクノロジ、そして今日の複雑な環境における課題について多角的に議論することで、セキュリティ・レジリエンスの構築方法を追求します。 【ガートナー セキュリティ & リスク・マネジメント サミット2024】  会期:2024年7月24日(水)- 26日(金) 3日間  会場:グランドニッコー東京 台場(最寄駅:ゆりかもめ「台場」駅/臨海副都心線「東京テレポート」駅)  早割価格:198,000円(税抜価格 180,000円)/名 ※2024年6月21日(金)まで      ※通常価格:225,500円(税抜価格 205,000円)/名      ※同企業3名様のご登録で、1名様を追加で無料登録できます

<7月24日(水) 東京會舘にて開催> エグゼクティブ「セキュリティ」カンファレンス&懇親会 ~変化し続ける脅威アクターの攻撃戦略と備えのあり方~ 〇開催趣旨 サイバーセキュリティの脅威が年々増加しています。警察庁の発表によると令和5年におけるサイバー空間をめぐる脅威については、ランサムウェア被害が依然として高水準で推移するとともに、クレジットカード不正利用被害が急増し、インターネットバンキングに係る不正送金被害が過去最多となるなど、極めて深刻な情勢が続いています。 デジタル化の進展、リモートワークなど働き方が多様化にともない、感染経路も複雑化しており、機器の脆弱性や強度の弱い認証情報等を利用した侵入への対策、従業員一人一人の危機意識の醸成も急務となっています。 こうしたセキュリティの巧妙化に対し、セキュリティ対策部門が果たす責務はより重いものになり、経営層が寄せる期待の高まりも相まって、情報収集、評価・分析、全社への理解促進、人材育成など課題克服のためのチャレンジが繰り広げられています。 そこで本企画では、基調講演にサイバーディフェンス研究所 名和 利男様をお招きし、「以前と桁違いに異なる、脅威アクターの攻撃戦略と備えのあり方」をテーマに、上場企業の経営層が真に取り組むべきセキュリティ課題について、カンファレンス形式によるリアルな情報共有、立食形式による実践知のインプット・アウトプットの機会を設け、皆様の課題克服の一助となれればと存じます。 〇プログラム(エグゼクティブカンファレンス&懇親会) 16:00~16:05 オープニング アシュアード 代表取締役社長 大森 厚志氏 16:05~17:00 基調講演 「以前と桁違いに異なる脅威アクターの攻撃戦略と備えのあり方」 サイバーディフェンス研究所 専務理事/上級分析官 名和 利男氏 17:00~17:20 課題解決講演 アシュアード <懇親会> 17:30~19:00 東京會舘オリジナルビュッフェ、お飲み物をご用意しております。ご参加者様、ご登壇者様との交流の場としてご参加をいただけますと幸いです。

セミナーの特徴 エンドポイントにおける最新のセキュリティ対策を解説!導入事例やデモと合わせてご紹介 ランサムウェア攻撃の脅威は依然として深刻化しており、多くの企業が被害に遭っています。これらの攻撃はエンドポイントへの侵入を起点とし、管理者権限の悪用によって被害が拡大することが多いという実態があります。 エンドポイントの管理者権限はソフトウェアのインストールやシステムの設定変更など様々なシーンで利用されるため、悪用されると危険な操作やアプリの悪用などにつながります。 しかし、従来のエンドポイントセキュリティ対策であるEDRはこれらの攻撃を完全に防御することはできません。 本セミナーでは、EDRが不得意な範囲をカバーし、エンドポイントセキュリティを高度に強化する「CyberArk Endpoint Privilege Manager (EPM)」を事例やデモを交えてご紹介します。EPMは柔軟かつ非常に細かい単位で管理者権限、アプリケーション実行を最適に管理することで攻撃者の悪用を防ぎ、ランサムウェア攻撃対策を強化します。 エンドポイントセキュリティにご関心のあるお客様、管理者権限の運用に課題をお持ちのお客様はぜひご参加ください。

■概要 一般的にITシステムのログから潜在的な脆弱性や攻撃リスクを把握するには、専門知識を持つセキュリティエンジニアの知見やノウハウが不可欠です。 しかしセキュリティ人材不足は長年解消されない深刻な社会課題となっており、人材の確保に代わるアプローチが必要とされています。 LogStareはこれまで、親会社が20年以上提供し続けているSOC(Security Operation Center)サービスの知見やノウハウをテンプレート化し、ソフトウェアに実装することでこの社会課題への対応策としてきましたが、この度さらに生成AIによるログ分析機能(α版)を搭載。これまで以上に専門知識を必要としない、誰でもできるセキュリティログ分析が可能となりました。 本セミナーでは昨今のビジネスにおける生成AIの活用例やリスクを解説するとともに、生成AIのビジネス活用例のひとつとして、前述のLogStareによるセキュリティログ分析をデモを交えて紹介します。 プライベートSOCの常識を変える、LogStareの独自ノウハウによる「生成AI×ログ分析」をぜひご覧ください。 ■プログラム(約45分) ・生成AIのビジネス活用における動向 ・生成AIのリスクと上手な付き合い方 ・ログ分析への生成AIの活 ・生成AI×ログ分析デモ ■参加対象 ・生成AIの情報セキュリティ分野への活用に関心のある方 ・SIベンダーの技術者の方(企業規模問わず) ・中小規模企業の情シス担当、ネットワーク担当の方 ■参加費 無料

VUCAという言葉が生まれるように、様々な変化が驚異的なスピードで進行していきます。サイバーセキュリティという側面では、AIに代表される技術革新に加え、法令や制度の変更といった変化が生じ、その対応が求められます。 本シンポジウムでは未来の社会展望を考えながら、サイバーセキュリティの未来に対し、今どのような準備をしておくべきなのか、今後どのようなことが求められていくのかについて、様々な視点で議論を展開していきます。 13:30~13:40開会挨拶  サイバーセキュリティイニシアティブジャパン  会長 中尾 康二 13:40~14:30基調講演  AIの社会応用とその展望  東京大学大学院 工学系研究科 システム創成学専攻  教授 鳥海 不二夫 様 14:30~15:00講演 生成AI時代のサイバーセキュリティ ~サイバーセキュリティ企業とセキュリティチームのための教訓と取組事例~  ラック 常務執行役員 CTO兼CIO  サイバーセキュリティイニシアティブジャパン  理事 倉持 浩明 様 15:00~15:30講演 NIST CSF 2.0 改訂から読み解く、サプライチェーンとセキュリティの展望  NRIセキュアテクノロジーズ  GRCプラットフォーム部  薮内 俊平 15:30~15:40休憩 15:40~16:40パネルディスカッション サイバーセキュリティの1年後、5年後、10年後 ~近未来のセキュリティに向け企業は何をするべきか~  [パネリスト]  調整中(CSIJ会員企業)  [ファシリテーター]  グローバルセキュリティエキスパート 武藤 耕也 16:40~16:50閉会挨拶  サイバーセキュリティイニシアティブジャパン 運営委員  グローバルセキュリティエキスパート  執行役員 和田 武春 氏


処理に失敗しました

人気のタグ

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました