ようこそゲストさん

イベント・セミナー 検索

検索条件

キーワード ジャンル タグ 種別 地域 開催日時 2023年 02月 06日 ステータス 申込受付中 表示順 開催日順

272

並び替え

表示件数

【開催概要】 開催日:2023年2月7日(火)     他にも開催を予定しておりますので、ぜひご検討ください。     https://www.ait-solution.jp/event/ 時 間:11:00~11:40 (10:45~受付開始) 会 場:オンライン (zoomを使用いたします)     詳細は受付終了後にご案内いたします。 費 用:無料 主 催:AIT 【コース内容】 ご好評いただいている【デザイン思考ワークショップ】を体験いただく前の紹介セミナーとなっております。 VUCA時代とも言われている今日、既定路線の延長線上では企業発展が望めないのではないでしょうか? 今まで以上に革新的な様々なアイデアをもとにした「製品・技術・サービス」のイノベーションが急務となっており【デザイン思考】が再注目されるポイントがここにあります。 当・ご紹介セミナーでは前半は【デザイン思考】がいま、なぜ必要なのか、なぜ再注目されているのか、後半では実際に【デザイン思考】の各プロセスを体験いただけるワークショップ形式の各種コースをご紹介します。 セミナー時間は30分程度ですのでお気軽にご参加ください。 【アジェンダ】 11:00~11:40 1.社会の変化 2.デザインとは? 3.いま注目されるデザイン思考 4.まとめ 5.デザイン思考ワークショップのご紹介・アンケート ※プログラム内容は予告なく変更する場合がございます。 ※受講者数が最少催行人数に満たない場合は、事務局の判断で、講座開催を中止すること  があります。あらかじめご了承ください。 【お申込み時のご注意事項】 ・ご参加はお申込みご本人様に限ります。  法人様単位での個別開催をご希望の場合は、別途事務局までお問い合わせください。 ・お客様による録画・録音は禁止とさせていただきます。  なお、主催社AITは、録画・録音を行なう場合がございますので  あらかじめご了承をお願いいたします。 【キャンセルの取り扱い】 ・やむを得ずキャンセルされる場合は、事務局へご連絡いただけますようお願いいたします。 【個人情報の取り扱い】 ・お申込みいただきました個人情報は、主催社AITの「個人情報取り扱い方針」に準じ  ます。  詳しくはこちらをご確認ください。  https://www.ait.co.jp/privacypolicy/ 【セミナー推奨環境】 ・Windows 環境にてご説明させていただきます。 ・Windows 環境以外での受講の場合、画面構成等が講師と異なる場合もございますので、  ご注意ください。 【お申し込み】 ・Peatixご利用のお客様はこちら:https://ait-solution20230207.peatix.com/ ・こくちーずプロご利用のお客様はこちら:https://www.kokuchpro.com/event/ait_solution20230207/

・ コールセンターを「利益を生み出すプロフィットセンター」へ! ・利益につながる改善提案が行えるコールセンターに導く「ナレッジの創出と活用」とは 近年、コールセンターを「利益を生み出すプロフィットセンター」と捉え、お客様とダイレクトにつながり貴重な声を収集する組織の重要な機関として、その価値を重視する企業が増えています。 一方で、先手を打った人員増加は難しく、 ・年々複雑化していくお問合せに  限られた人数で対応するのが精一杯…。 ・業務改善は行っていても  「プロフィットセンター」への道のりはまだ遠い…。 と悩む管理者の方も多いのではないでしょうか。 コールセンターのプロフィットセンター化に重要なのは、 お客様の課題を正しく理解し「利益につながる改善提案が行えること」、そしてお客様から収集した情報を分析し「自社製品・サービスの開発部門に改善提案できること」です。 本セミナーでは、これらを実現し、コールセンターのプロフィットセンター化に貢献する「ナレッジの創出と活用」について、具体的な事例を交えご紹介いたします。 <開催概要> 開催日:2023年2月7日(火) 時間:11:00-12:00 開催形式:Web開催(Zoom) 主催:アクセラテクノロジ 参加費:無料 問合せ:アクセラテクノロジ セミナー事務局 marketing@accelatech.com

弊社はこれまで様々なお客様サポートの現場をご支援して参りましたが 多くのカスタマーサポートの現場から、サポート対象商品の多品種化、専門化、複雑化に伴う 「問合せ窓口が明確化されていないことにより壁がある…」 「誰に聞けばよいかわからない…」 「ベテラン社員にのみ問合せが集中し業務の負担が偏ってしまう…」 というお困りごとをよくお伺いしました。 社内の全部門が一丸となって協力し、知識を集め、お客様起点の問題解決に取り組みその先にあるカスタマーサクセスを目指そうという考え方を弊社では「超サービスデスク」と読んでいます。 本セミナーでは、このようなカスタマーサポートの現場の課題を解決する 「超サービスデスク」超サービスデスクのコンセプトをご紹介し、それを実践する業務システムとして、当社が創業以来取り組んできたナレッジ活用のノウハウを投入し開発したITプラットフォーム「SolutionDesk」をご紹介します。 本セミナーではこのSolutionDeskの概要をご紹介し、操作をハンズオンで実際にご体験いただけます。 ぜひご参加ください。 <開催概要> 開催日時: 2023年2月7日(火)13:00 - 14:30 2023年2月14日(火)13:00 - 14:30 2023年2月16日(木)10:00 - 11:30 2023年2月28日(火)13:00 - 14:30 開催形式:現地開催 主催:アクセラテクノロジ 参加費:無料 問合せ:アクセラテクノロジ セミナー事務局 marketing@accelatech.com

※当講座は埼玉県内企業DX推進人材育成講座補助金の対象講座です。お申込みは「埼玉県内の中小企業・小規模事業者のみ」とさせていただきます。 DX化が叫ばれている中、必要性は認識しているものの、経営資源に限りのある中小企業では 「DXを進めたいが、どこから手をつければよいかわからない」 「DX化を推進する人材がいない」 「DX化に必要なお金がない」 などの声が多く聞かれます。 本セミナーでは、経営資源に限りのある中小企業が、戦略的にIT導入を行う上での重要なポイントを解説します。弊社が積み重ねてきた数多くの中小企業様へのコンサルティング事例を元に、そこから見えてくる「成功と失敗の分岐点と対応上のポイント」をお伝えします。 DX化を推進したいと考えている埼玉県内に事業所を持つ中小企業経営者様はもちろん、中間管理職、リーダー社員にもオススメの内容となっております。 【こんな方におすすめ】 以下のような悩みを抱えている埼玉県内の中小企業の経営者、中間管理職、DX推進リーダー・担当社員など ・DX化の目的が曖昧なままなんとなくプロジェクトが進んでいるため先が不安 ・DX化を推進したいと思っているが、どこから手をつけたらよいかわからない ・過去のIT導入プロジェクトで失敗した経験があるため、今回のDX化に向けて成功させるためのポイントを知りたい ・場当たり的にIT導入のツールを入れてきたせいで、期待した効果が出ていない ・ITベンダーの言いなりにならないよう、DX化の検討を工夫したい 【セミナー内容】 1.中小企業におけるIT活用の課題   ・IT投資の目的   ・中小企業のIT投資の現状   ・中小企業のIT活用の課題 2.戦略的IT導入のポイント   ・経営課題の設定   ・IT戦略の立案   ・ヒトのマネジメント   ・モノのマネジメント   ・カネのマネジメント 3.まとめ 【担当講師】 コムラッドファームジャパン 経営コンサルタント 唐澤 智哉 【費用】 3,850円(税込) ※埼玉県内の事業者様向けの割引後の価格です。 ※費用の支払いは「銀行振込」となります。振込手数料はご負担をお願いいたします。

■このような方にオススメのウェビナーです 1.セキュリティルールを作ったがどれだけの社員が守っているか見えない。 2.社内で使用されているPC1台1台のセキュリティリスクが把握できない。 3.管理者とユーザ双方に負担なくセキュリティルールが順守されているかチェックしたい。 4.情シスで上記を実施したくても、社内(現場)に協力する風土がない。 5.次年度の予算でPC含むIT資産管理を強化したい。 ■増え続ける情報漏洩事故などのインシデント 情報漏洩などのインシデントが多発している昨今、セキュリティルールを守ることは、とくに重要となっています。 IPA(情報処理推進機構)が毎年発表する「情報セキュリティ10大脅威」では、ランサムウェアによる被害、標的型攻撃による機密情報の窃取、テレワークなどニューノーマルな働き方を狙った攻撃やサイバーセキュリティ関連が上位を占めています。 本ウェビナーでは、最新の「情報セキュリティ10大脅威」を交えて解説いたします。これから、部署の異動や新入社員の入社などの影響で、意図しないヒューマンエラーが発生するリスクが高くなる時期を迎えるため、対策のさらなる強化が必要です。 ■社員一人ひとりのPCセキュリティ違反を見える化できないという課題 一方で、情シス部門のリソース不足や現場サイドからの反発により、社用PCの状態を定期チェックし、ルールに違反した不正なPCを早期に検出できていない会社も多いのではないでしょうか? 本セミナーでは、セキュリティリスクを可視化し、自動集計されるチェック結果から組織全体のリスク状況を把握する方法を紹介します。 ■検疫システムが機能しないのはなぜか? ポリシーに違反したPCに警告メッセージを出しても、実際の対策が後回しになってしまうことはありませんか? 特定のPCをネットワークから隔離する運用は、管理者の負担を増やしてしまいます。また、検疫システムを運用するために、業務を止めることが現場から嫌がられることもあるでしょう。 どのように対策すべきなのでしょうか? ■セキュリティリスクの高いPCを検知し、早期に対策する仕組みを解説! 本セミナーでは、IT資産管理ツール「MCore」を活用して、社員のセキュリティに対する意識を高めつつ、リスクの高いPCを検出して、業務を止めずに対策する方法を解説します。 従業員が1,000名以上の企業にて「セキュリティルールを作ったがどれだけの社員が守っているか見えない」とお悩みのセキュリティ・システム担当者の方にオススメの内容です。

―――――――――――――――――――――――――――― 【内容】 ・個人情報等、基礎となる用語の定義、個人情報の取得・利用に関するルール  安全管理措置の概要、本人からの請求への対応、漏えい等発生時等の対応他 ・WEBサイト/アプリに特化した第三者認証マーク「TRUSTe」のご紹介 【対象】ベンチャー/スタートアップ/中小企業等の個人情報保護の担当者他 【定員】各回とも 10名様まで 【利用ツール】Zoomウェビナー ―――――――――――――――――――――――――――― 一般社団法人日本プライバシー認証機構は個人情報保護法が施行される前の2001年より長きにわたり企業の個人情報保護をサポートしてまいりました。 ・当機構ホームページURL  https://www.jpac-privacy.jp/ 2022年4月の個人情報保護法の改正により法定刑が大幅に引き上げとなり、個人情報保護の重要性がより高まっています。 当機構では、そうした中で個人情報保護に取り組むベンチャー/スタートアップ/中小企業様向けに、個人情報保護法についてご説明するセミナーを開催し、多くの方にご利用いただいてまいりました。 ただ、セミナーへのご感想の中で「もっと分かりやすく説明してほしい」「法律用語がわかりづらい」といったお声をいただくこともございました。 そこで今回のセミナーでは、「初めて個人情報保護に取り組む」ご担当者様を想定し、個人情報保護法についてより丁寧にご説明をいたします。 「個人情報保護法が理解できていない」 「法律の条文だけでは理解がしづらいと感じる」 「自社での個人情報の取扱いに問題がないか不安だ」といった お悩みをお持ちの皆様にお役立ていただける内容です。 法令違反のリスクを避けるためには、まずはどのような取扱いのルールがあるのかをしっかりと把握する必要があります。その足がかりとしてご利用いただけますと幸いです。 どうぞお気軽にご視聴ください。

今回のイベントでは、近畿経済産業局が主催する「J-Startup KANSAI」の今年度選定企業のなかで、グローバル展開をめざすスタートアップ3社によるピッチを実施するほか、元世界銀行の上級民間セクター専門官のVictor Mulas氏とスタートアップ・エコシステムに関する調査レポート会社、Startup Genome社の取締役Adam Bregu氏によるパネルディスカッションなどを通じて、海外から見た関西の経済的なポテンシャルを発信します。 ◆プログラム ※使用言語:英語 ※Youtube翻訳機能で英語の視聴可能 セッション1 Introduction of “Kansai Startup Mashups” セッション2 Pitches by Startups selected for J-Startup KANSAI 2022 <登壇者> イーセップ 代表取締役社長 澤村 健一 氏 大阪ヒートクール 代表 伊庭野 健造 氏 ナティアス 取締役CQO 森 一郎 氏 セッション3 How to unlock the potential of Kansai Startup Ecosystem <登壇者> 元世界銀行 上級民間セクター専門官 Victor Mulas 氏 Startup Genome社 取締役 Adam Bregu 氏 <モデレーター> Monozukuri Ventures 代表取締役 牧野 成将 氏 プログラム終了後 ネットワーキング・交流会(会場参加者のみ) ◆対象者 国内外のベンチャーキャピタル、スタートアップ、関連企業及び団体 ◆場所 ハイブリッド開催 ・会場:engawa KYOTO(京都府京都市下京区二帖半敷町647 オンリー烏丸ビル1・2F) ・オンライン:Youtubeライブ配信(予定) ◆定員 会場参加 50名 ◆申込締切 2023年2月3日(金)12:00 ※会場参加は先着順とさせていただきます。 ◆参加費用 無料 ◆申込URL https://230207-mashups-kyoto.peatix.com ◆主催 京阪神スタートアップ・エコシステムコンソーシアム、JETRO大阪本部、大阪産業局 ◆共催 大阪府、大阪市、京都府、京都市、兵庫県、神戸市、京都知恵産業創造の森、JETRO京都貿易情報センター、JETRO神戸貿易情報センター

・ “できる人”のノウハウを “みんなの”ノウハウにするには ・ ナレッジが業務の中で自然に集まり、運用が定着する方法 ・ ナレッジマネジメントに成功する企業・失敗する企業、その違いは? 企業活動において「知識」の活用は欠かせません。 カスタマーサポートにおけるお客様の問題解決、製造業における優れた製品の設計や生産、販売におけるお客様のニーズ把握、新規の事業拠点の立ち上げなど、あらゆる業務の局面において様々な「知識」が求められます。 この「知識」を一人の個人に留めるのではなく、全社の知識として共有・活用するというのがナレッジマネジメントの狙いです。そして、このナレッジマネジメントの実現が「ノウハウの伝承」や「属人化の排除」、「問題解決力の強化」、そして「新たな価値の創造」を推進します。 ビジネスのグローバル化、少子高齢化さらに労働力の流動化などに伴い、ビジネス環境が加速度的に変化している現在、ナレッジマネジメントは企業が勝ち残るための取り組みとしてその重要性はますます大きくなっています。 本セミナーでは、弊社が創業以来20年にわたり、数多くの企業をナレッジマネジメントの観点からご支援してきた中で見えてきた「ナレッジIT導入3つのポイント」について、事例やデモを交え、詳しくご紹介します。 <開催概要> 開催日:2023年2月7日(火) 時間:15:00~16:00 開催形式:Web開催(Zoom) 主催:アクセラテクノロジ 参加費:無料 問合せ:アクセラテクノロジ セミナー事務局 marketing@accelatech.com

「Fujitsu 人材育成セミナー」 「人材版伊藤レポート」伊藤邦雄氏が語る 企業の価値を最大化するために取り組むべきことと 組織やチームの成長に資する人材とは 「人材版伊藤レポート」の著者・伊藤邦雄氏、音楽プロデューサー・亀田誠治氏を迎え、組織やチームの成長に資する人材の特徴や、価値を最大化するために取り組むべき内容についてお伝えします。 ◆セミナー概要 未来への資本となる「人材」を成長させ、企業価値の向上につなげる【人的資本経営】は今、その取り組みを社会に示すことが求められています。 「人材版伊藤レポート」の著者・伊藤邦雄氏、音楽プロデューサー・亀田誠治氏を迎え、組織やチームの成長に資する人材の特徴や、価値を最大化するために取り組むべき内容についてお伝えします。各企業の取り組み事例もご紹介します。 ◆主な内容 第1部 基調講演「企業価値を創造する人的資本経営」 一橋大学CFO教育研究センター長 伊藤 邦雄 氏 第2部 パネルディスカッション 第3部 特別講演「音楽のバトンを未来につなぐ」 音楽プロデューサー 亀田 誠治 氏

<セミナー概要>  !!今注目のトレンド開発手法ノーコード・ローコード開発 その動向について解説します!!  DXの浸透により、企業のデジタル化が進む一方、それを推進するためのデジタル人材不足が顕著化しています。  そこで登場したのが市民開発(Citizen Development)という考え方で、非ITエンジニアの業務担当者が自分たちのシステムを内製化する時代となってきています。  このような背景のもと、非ITエンジニアでもシステムを内製化できるノーコード開発やシステム部門やITエンジニアが生産性高く開発できるローコード開発が注目を浴びていますが、この境界線を不明瞭のまま進めていき、市民開発の限界を超えて、最終的には挫折してしまうケースも多発しています。  今回のセミナーでは、そんなノーコード・ローコード開発サービスについて、その違いや具体的な使い分けについて実例をもとに解説することで、市民開発の限界や、それぞれの開発手法の用途・業務範囲の境界を把握し、企業のデジタル化推進に役立つ情報をお届けします! VUCA時代の変化に対し、迅速且つフレキシブルに対応できる組織作りに有用なセミナーとなっておりますので、是非ご参加下さい。 <プログラム> セッション① 14:00~14:25  市民開発とITベンダー共創開発の境界線  ~全社展開・導入時の問題と6つのポイント~ セッション② 14:25~14:45  進めよう、ローコード開発サービス「Power Platform」  による業務改革! セッション③ 14:45~15:05  ノーコードとローコードの2つの顔を持つサービスCELFから  具体的な使い分けを知る セッション④ 15:05~15:30  変化の時代に対応するためのアジャイル

業務改善を進めていく上で、まずつまずくのが注文書やアンケート、窓口帳票などの紙書類のデータ化です。解決策としてAI-OCRの導入が進んでおり、読み取り精度が飛躍的に向上してはいるものの、目視確認が必要となり完全自動化できていないケースがほとんどです。また、店舗や工場など"現場"との情報のやり取りで発生する報告書や点検表、チェックシートについては、モバイルアプリを活用することで業務を最適化できるケースもあります。 本セミナーでは、豊富な提案・導入実績で得た知見をもとに、規模感や事例を交えてAI-OCRの選定基準について解説、また、ノーコードで手軽にモバイルアプリを作成できる「Platio」を活用した現場の紙業務の改善策を事例やデモを交えてご紹介します。 さらに、デジタル化されたデータをデータ連携というアプローチでさまざまなシステムと連携させることで、多重入力や入力ミスを防ぎ、より複雑な入力業務をより正確に自動化・効率化する手法についてもご紹介します。 ※ 競合企業の方のご参加をお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

近年、働き方改革やテレワーク対応、電帳法改正などによりあらゆる業界でDX(デジタルトランスフォーメーション)が推進され、電子化・電子保存についても世の中に浸透してきています。しかし、電子化後の運用ルールが徹底されなければ、せっかく時間をかけて電子化した情報も活用されず老朽化してしまいます。 弊社の文書管理・情報共有システム「楽々Document Plus(らくらくドキュメントプラス)」なら、ペーパーレス化の促進や社内の業務効率化を実現できるほか、テレワーク環境でも正しく文書管理を行うことができます。 楽々Document Plus ペーパーレス化推進ウェビナーでは、文書の種類別にテーマを分け、ペーパーレス化のヒントとなる楽々Document Plusの活用方法をご紹介します。 ぜひ、お気軽にご参加ください。 ◆製造業DXをサポート! ISO文書管理の効率化◆ あらゆる業界でDX推進が求められていますが、製造業も例外ではありません。 楽々Document Plusは、製造業のDXを文書管理の視点から強力にサポートします。 本ウェビナーでは、苦労が多いISO文書の管理を効率よく運用する方法をご紹介します。また、セキュリティを担保しながら技術文書や図面を共有・活用する方法についてもご紹介します。


処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました