開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

シュナイダーエレクトリック株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2013/06/27

省エネ・省スペースにすぐれたデータセンターの次世代の冷却方式とは

いまやデータセンターは我々の生活、企業活動を支える社会インフラだ。このデータセンターは大量の電力を消費することでも知られている。もちろん大量のIT機器が電力を消費するわけだが、じつは冷却に使われる電力も非常に大きい。データセンターの局所冷却システムであるInRow冷却を開発したパイオニア企業であり、ヨーロッパ、アジア、中国でデータセンター向け空調機メーカーのトップ3に入るシュナイダーエレクトリックにデータセンターの冷却システムの最新動向を聞いた。

社会インフラとなったデータセンターが抱える課題とは

photo
シュナイダーエレクトリック
ビジネス・デベロップメント
プロダクトマネージャー
水口浩之氏
 いまや我々の生活はデータセンターなしには成立しない。FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワーク、24時間好きなときに買い物ができるオンラインショップ、ストレージや写真共有、メール、ストレージなどの便利なクラウドサービス……等々。すべてはデータセンターによって支えられている。

 企業も同様だ。企業システムをデータセンターに置き、クラウド化する流れはますます加速している。東日本大震災以降、事業継続の観点からシステムの二重化やバックアップ用にデータセンターを活用する企業も増えた。データセンターはまさしく我々の社会を支えるインフラなのである。

 そのデータセンターでいま大きなトレンドの変化が起きようとしている。テーマは「冷却」だ。シュナイダーエレクトリック ビジネス・デベロップメント プロダクトマネージャー 水口浩之氏は次のように語る。

「日本のデータセンターの冷却方法はパッケージエアコンが主流です。既存のデータセンターの70~80%はパッケージエアコンと言われています。これは冷媒ガスをコンプレッサーで圧縮して熱交換する方式で、仕組みとしては家庭用エアコンと同じです。パッケージエアコンの課題は室外機の設置スペースを必要とすることです。室内機を増やせば増やすほど室外機も必要となるため、ビルの屋上やバルコニーが室外機でいっぱいになるケースは少なくありません。もう1つの課題は消費電力です。冷媒ガスをコンプレッサーで圧縮するため、大量の電力を消費し、データセンターの電力消費の大半が空調にかかってしまうのです」(水口氏)

 いうまでもなく、福島第一原発の事故以来日本の電力事情は逼迫している。将来、再生可能エネルギーの固定買い取り制度が始まればその負担は電気使用者が負うことになる。当面は、電気料金が上がることはあっても下がることはないだろう。

 一方、データセンターへのニーズは年々増大している。ニーズの増大はデータセンターの発熱量の増大につながる。したがって、いかに省エネし効率的に冷却するかはデータセンター経営の根幹に関わる重大事なのである。

 そして、いまデータセンターの冷却方式に大きなトレンドの変化が起きつつあるという。従来のパッケージエアコンから、水を使って冷却する方式が注目されつつあるのである。

この記事の続き >>
水を使う冷水熱源方式で自動制御可能な製品を市場に投入

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!