開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社Project White(TSUKUMO)、インテル株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/06/29

AI・RPA時代の働き方改革。データ分析やエクセル作業を劇的に効率化する方法とは?

TSUKUMO×インテル対談:今求められるハイパフォーマンスPCの条件

RPAやAIの進展、データ分析業務の拡大などに伴い、現場のビジネスパーソンにはますます高度な業務が求められるようになってきた。それと同時に、優秀な人材のリソースを有効活用するため、企業によっては、画一的なPC環境ではなく、デュアルディスプレイ(2画面)を用いたり、よりハイパフォーマンスなPCを活用して、業務の効率化を支える動きも出てきている。こうした動向について、PC専門店「TSUKUMO」などを手掛けるProjectWhite(以下、TSUKUMO)の森 秀範氏と長年IT業界の技術動向を見てきたインテルの渥美 和彦氏に話を聞いた。

photo
個人のデジタル活用術が企業の競争力を高める時代になった

テクノロジーの力で、ビジネスパーソンは価値創造に集中

──従来は一部のユーザーに限定して用いられていたハイパフォーマンスPCがより多くのビジネスパーソンに利用される場面が増えてきました。この理由をどうご覧になっていますか?

森氏:現在のビジネス環境は、テクノロジーの進化やグローバル化によって高度化しており、その進歩は加速度的に高まっていると思います。たとえば、ゲーム業界では、少し前までは平面で描写されていたものが3D化され、現実のような3Dデータがリアルタイムで操作できるようになりました。

photo
Project White(TSUKUMO) 商品企画部 次長 プロダクトマネージャー 森 秀範 氏

 さらに、人工知能(AI)でアルゴリズムが常に変化したり、バーチャルワールドの中に入ってしまったりと、目覚ましい進化を遂げています。こうした技術革新により、今までできなかったことが可能になることは、昨今注目されているIoT(モノのインターネット)やAIによってその流れは加速すると考えています。

 その一方で、製品やサービスを提供する側は少子高齢化や労働人口の減少、さらには必要なスキルを持ち合わせた人材が不足するなどヒューマンリソースが十分確保できないため、特に中小企業を始めとする経営者の方の悩みになっていると思います。

 これらの課題を解決する1つのアプローチとして、持続して成長されている企業さまでは、テクノロジーの力を借りて省力化を図り、ビジネスパーソンが価値創造に集中することに取り組んでいます。

 ハイパフォーマンスPCを導入される経緯はさまざまありますが、限られた状況で良質のアウトプットを実現させるためにも、成長している企業さまは常に積極的な投資を行っているという印象を持っています。

この記事の続き >>
・ハイパフォーマンスPC導入に関する企業の温度差
・デジタル仕事術がビジネスパーソンの競争力を高める

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!