開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

株式会社シナプスイノベーション提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/09/04

スマートファクトリー化による生産性向上が「絵に描いたモチ」に終わる理由

わが国の製造業は、大きな局面を迎えている。アジア新興勢力の勃興、少子高齢化に伴う労働人口の減少など、避けがたい大きな流れの中で、もはや生産性の飛躍的な向上なしには生き残れない。そのために「スマートファクトリー」に注目が集まっているが、特に成長途上の企業にとってその道は険しい。

photo
IoTによって飛躍的な生産性向上を夢見る企業も多い。しかし、そう甘くはない現実を忘れてはならない
(©metamorworks - Fotolia)

なぜスマートファクトリーが“現実解”にならないのか

 マーケットが激しい変化を続ける中、製造業は生き残るために、生産性の飛躍的な向上を求められている。それには、原価管理・人手不足対策・在庫管理・品質管理の視点で、業務を抜本的に見直さなければならない。

 実際に、今生産性の向上を目指す企業の多くは、こうした視点で解決すべき課題を抱えているのではないだろうか。製品の原価が正確にわからないので、利益が出ているかもわからない。製造業を志望する若者が減っており、生産の先細りが懸念される。在庫が把握できていないため、納期確認などのたびに営業コストがかさむ。それでいて顧客の求める品質レベルはますます上がる一方、というようにである。こんな状態では、もはや市場の現実に太刀打ちできない。

 そこで近年、特に注目を集めているのがIoTを利用したスマートファクトリー化である。スマートファクトリーでは、機械と上位系のシステムが人を介さずに“会話”する。たとえば現場の製造設備の稼働状況や生産量のデータをセンサーが収集し、上位系システムにリアルタイムで自動送信するといった具合だ。こうした仕組みを構築できれば、生産計画や生産指示はもちろん、在庫や原価の把握、品質管理まで、必要な業務をすべて一元的かつ効率的に管理できるようになる。

 だがこれを実現するのは決して容易ではない。特に予算の厳しい成長企業にとっては、開発・運用コストの負担が深刻だ。

 RFIDタグやセンサー、ビーコンなどの製造機器から上位系システムまでデータを伝送する場合、プロトコルが機器ごとに異なるため、複数の階層を経由する必要がある。当然システムの作り込みは複雑になり、コストは膨大になる。さらに、製造機器からデータをうまく伝送できたとしても、それが既存の上位系システムと調和できるとは限らない。ここでつまずいた場合もやはり、コストをかけた対応が必要だ。

 このような理由から、スマートファクトリー化が“絵に描いたモチ”に終わる可能性があることを忘れてはならない。

この記事の続き >>
・スマートファクトリー化の“現実解”とは
・「目標」に合わせたシステム選択が成功のカギ
・日本の製造業にはまだ可能性がある、今何をすべきか

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!