開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社Project White(TSUKUMO)、インテル株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/10/17

ゲームの世界にこそ、「コンピューターの未来」が見える理由

人工知能(AI)の実現に欠かせないディープラーニング、IoTデバイスやSNSから収集された膨大なデータの解析……等々。いまや、コンピューターパワーはいくらあっても足りない。中でも、特にコンピューターパワーを必要とする分野の1つがゲームだ。仮想空間で世界中のユーザーとつながり、休むことなく繰り広げられるオンラインゲーム、それが競技にまで発展したeスポーツ、かつてない没入感を生み出す仮想現実(VR)など。ゲームの世界を見れば、これから求められるコンピューターの姿も見えてくる。

photo
日本電子専門学校では、多くの学生が真剣に「CG・映像」「ゲーム」「アニメ」「デザイン」「AI・IoT」「Web・モバイル」などを学んでいる

ゲームの世界でますますハイスペックなマシンが求められる理由

 今、コンピューターの進化は、社会に大きな変化を起こしている。たとえば、膨大なデータを高速に解析できるCPUやGPUの進化は、現在の人工知能(AI)のブームの一因だ。また、ハードウェア、ソフトウェアの進化により、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)が急速に進歩し、いまや医療や教育、製造などの分野で応用が始まっている。

photo
学校法人 電子学園
日本電子専門学校
ゲーム制作科
植山沙欧 氏
 こうしたコンピューター進化の最前線の1つが、ゲーム業界だ。現実と見まがわんばかりのグラフィックで作られたオンラインゲーム、eスポーツの盛り上がりなど、いまやゲームは、エンターテインメントを追求する場であるとともに、最もコンピューターパワーを必要とされる分野でもある。

 そのゲーム業界に、多くの優秀な人材を輩出しているのが、日本電子専門学校だ。約70年の歴史を持つ同校は、「CG・映像」「ゲーム」「アニメ」「デザイン」「AI・IoT」「Web・モバイル」などの学科を擁し、ゲームも含めた幅広いIT人材を育成している。

 中でも、最もコンピューターパワーを必要とする学科の1つが「ゲーム学科」だ。ゲーム制作研究科 伊藤靖彦 氏は、次のように説明する。

「私が担当しているゲーム制作研究科では、ゲームはもちろん、ゲーム周辺のコンテンツも含めて制作します。たとえば映像であれば、ビデオカメラで撮影した長時間の映像データの動画編集を行います。写真なら1000枚、2000枚の写真のRAW現像も行います。ゲームの制作時では1台のパソコンで2Dと3Dのソフトを同時に起動して連携するのも当たり前です。したがって、マシンパワーはどうしても必要になります」(伊藤氏)

この記事の続き >>
・ゲーム開発の現場で用いられているPCのスペックとは?
・これから進むVR(仮想現実)の世界
・ゲーム開発に学ぶ生産性向上のカギ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!