開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社サテライトオフィス提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/11/14

モバイル端末と人工知能の意外な関係、知られざるモバイル活用「成功の分岐点」とは

社会環境やデバイスの進化、働き方の多様化に伴って、テレワークを視野に入れたモバイルデバイスを積極的に活用するモバイルファーストの時代が訪れつつある。そうした時代に向けて、いま企業が取るべき施策は何か。ユーザー企業の調査やコンサルティングを務めるアイ・ティ・アールの舘野真人氏が、人工知能(AI)との連携を含むモバイルシフトのトレンドや、モバイル活用成功の分岐点、さらにIT部門に求められる変化について解説した。

photo
アイ・ティ・アール 取締役/シニア・アナリスト 舘野真人 氏

セキュリティレベルの高い最新モバイルOSの活用が大前提

 アイ・ティ・アール 取締役/シニア・アナリストの舘野真人氏によれば、最新のモバイル活用のトレンドには、3つの大きな流れがあるという。

「1つ目のトレンドは、モバイルOSの進化に伴う管理性の向上です。iPhoneが発売されて10年目になり、モバイルOSも進化して管理性能が向上しています。できるだけ最新のOSを使うことが、モバイル環境の価値を引き出す上での前提になります」(舘野氏)

 PCとモバイルのOSの違いは、データとアプリの関係性にある。PCでは、アプリからデータを自由に利用することができる。一方、iOSやAndroidは、アプリとデータがサンドボックスで閉じられており、データは基本的には決まったアプリでしか開けない。ユーザーが特別な許可を行った場合にのみ、他アプリにもデータが開放される仕組みだ。

「したがって、モバイル環境では、アプリを誰に使わせるかを管理することによって、データアクセスを制御することになります。これはPCにはない価値ですが、Windows 10も同様の構造になりました。モバイルOSでは、マルウェアが入り込んでも、それを実行するアプリがないため、高いセキュリティを保てるのです」(舘野氏)

 モバイルOSは2014年が分水嶺となり、企業向け機能が充実してきた。iOS 7ではアプリ単位でVPNトンネリングが可能になり、iOS 8では指紋認証が追加され、iOS 9ではApple IDがなくてもアプリ配布が行えるようになった。一方でAndroidは現在、「Android Enterprise」(旧Android for Work)と呼ばれる、企業向けの新しい管理の仕組みが提供されている。

「これにより、私的なアプリと業務アプリをコンテナで分けて使えるようになりました。高価なMDMやMAMといったツールを導入しなくてもOS標準で対応でき、セキュリティレベルが向上したのです。そこで管理ツールを選定する際には、最新OSに対応しているかどうかを調べることをお勧めします」(館野氏)

 このように最新モバイルOSは、ID管理の簡素化、標準での公私分離、制御可能な範囲(コピー&ペーストやカメラなど)の拡大など、管理者の負担を軽減する方向で進化している。

「モバイルOSが進化した背景には、IoTの影響があります。現在は各社ともIoTに注力していますが、対象にIoTが含まれると、管理側で制御できる機能がなければ覇権を握れません。IoT時代を見据えて開発された機能が、スマートフォンやタブレットにも反映されていると言えます。この流れは今後も続くでしょう」(舘野氏)

画像
モバイルOSの進化

この記事の続き >>
・SIMフリーのノートPC、AIを活用した新機能がモバイル化をさらに後押し
・テレワークの効果とマルチデバイスの相関は?
・「モバイル活用」成功の分岐点とは何か
・サポート体制や製品選定など、IT部門に求められるスタンスはどう変わる?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!