開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/04/02

相続の問題は、AI融合の「ハイブリッドFinTech」で乗り切るべき理由

「大相続時代」到来!

高齢化が進む中、日本社会が直面する課題は数多い。中でも今後、深刻さを増すとみられるのが「相続」の問題だ。日本で毎年相続される財産は総額で50兆円とされる。しかも、そのうち分割が難しい不動産と自社株の占める割合は3分の2にも上ることが、円滑な相続の阻む“壁”となっている。「相続」をどうすれば円滑化できるのか。状況を打開するためにキャピタル・アセット・プランニングが取り組んだ切り札が「遺伝的アルゴリズム」によるAIを活用した独自シミュレーションシステムだった。

photo
キャピタル・アセット・プランニング
代表取締役社長
北山雅一 氏

大相続時代を迎えて顕在化する相続ニーズ

 金融技術と情報技術の融合を意味し、金融業界を席巻するキーワード「FinTech」。そのいち早い実践を通じて急成長してきたのが、金融機関向けシステム開発を手掛けるキャピタル・アセット・プランニングである。米国の調査会社IDC Financial Insights が2018年9月に発表した「2018 FinTech Rankings: Top100」では、同社は88位(日本企業では4位)に位置づけられている。

 飛躍の出発点は、大手生命保険会社が1995年から利用を開始した同社の保険料シミュレーションにまで遡る。その保険シミュレーションは、各種特約などにより保険商品の説明が難しく、義理や人情頼りであった保険商品の営業活動を、家族構成などを基にした「各ライフステージで必要な資産」の観点での、筋道の通った「ライフプランニング」活動へと大きく変革した。

 以来、各種ペーパレス、贈与税の試算、自社株評価などにまでラインナップを拡充し、証券会社や地方銀行にまで顧客の裾野を拡大させてきた。

 そんな同社が今、注力する分野が「財産相続」である。キャピタル・アセット・プランニングの創業者で、代表取締役社長の北山雅一氏は、「急速な高齢化を背景に、日本は近い将来、“大相続時代”を迎えます。しかし、そこで課題となるのが、相続資産に占める不動産と非上場企業の自社株の多さです。その割合は日本で毎年相続される資産総額の約50兆円の3分の2を占めるほど。実はそれらの財産分与での各種制約が、希望に沿った円滑な相続を難しくさせる原因になっています」と、その背景を説明する。

この記事の続き >>
・付加価値を生むFinTechで相続を支援
・どんな環境でも柔軟に、スピーディに
・画像解析AIを活用した埼玉県の取り組み

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!