開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/06/07

IBMが“4万人超”の経営者に聞いて分かった、DX時代に「うまく機能するCIO」の条件

デジタルとフィジカル(物理世界)にあるリソースを融合させ、ビジネスモデルを新しい方向に変化させる──。「デジタルトランスフォーメーション」(DX)に取り組む企業が増えているが、その推進役としてのCIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)の役割も、この数年、大きく変わってきた。これからのCIOの役割、そして、ITインフラ戦略の最適解とは? IBMが過去15年にわたって実施してきたエグゼクティブインタビューから見えてきた最新動向を紹介する。

15年間にわたり世界4万人以上の経営者にインタビュー

 デジタルとフィジカル資源を統合し、データを駆使して新たなビジネスモデルを作る「デジタルトランスフォーメーション(DX)」に取り組む企業が増えている。そうした企業にとって、CIOの役割はどのように変わってきているだろうか。

 「ここ数年でCIOに求められる要素は大きく変わってきています」と述べるのは、日本アイ・ビー・エムの森 祐之氏だ。

photo
日本アイ・ビー・エム
グローバル・ビジネス・サービス事業本部
技術戦略コンサルティング パートナー
森 祐之氏

 IBMでは、15年間にわたり、世界4万人以上の経営者にインタビューを実施。その結果を「IBMグローバル経営層スタディ」としてまとめている。これによると、「今後2、3年で自社に影響を及ぼす外部要因は何か?」という設問に対し、「市場の変化」(69%)、「テクノロジー」(63%)、「人材・スキル」(61%)という回答が上位を占めた。

 「このように、CIOを含むあらゆるCXOにとって、テクノロジーが大きな経営の関心事になる傾向は、2010年ごろから顕著です」と森氏は述べる。そして、テクノロジーへの関心の高まりとともに、CIOの役割も変わってきているというのだ。

 CIOに求められる使命(タイプ)を「Leverage(効率追求型)」「Expand(協業拡大型)」「Transform(価値連鎖変革型)」「Pioneer(ビジネスモデル変革型)」に4つに分類すると、日本では従来型のCIOにみられるような「Leverage(効率追求型)」「Expand(協業拡大型)」の役割を求める経営者が約7割であるのに対し、「Transform(価値連鎖変革型)」「Pioneer(ビジネスモデル変革型)」の役割を求める経営者も3割近くにのぼるとCIO Study 2011の調査で判明した。その後さらにビジネス寄りの「Transform(価値連鎖変革型)」「Pioneer(ビジネスモデル変革型)」の役割を担うCIOが増えている。

画像
CIOに託された使命、期待される役割は変化している

 すなわち、CIOには「ビジネスを変革する」役割が徐々に期待されるようになっているのだ。

この記事の続き >>
・「うまく機能しているCIO」の条件は? 回答をクラスタ分析&分類
・DXの「第2章」として有効な2つのアプローチと“欠かせないもの”とは?
・「2025年の崖」を越えるためのITインフラ戦略

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ハイブリッド/マルチクラウドの最適化

リスクを未然に防ぎ、事業継続を維持

マルチベンダーの保守運用管理を容易に

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!