開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/01/30

データサイエンスでの人材不足、スキルを分解すれば糸口が見える

機械学習などの先進技術を活用したデータ分析の取り組みが、大手企業や先進的なスタートアップを中心に進展している。新しい技術で何ができるのかという検証段階は過ぎ、業務課題を解決できなければ意味がないという共通認識ができつつあるのが現在の状況だ。とはいえ、データ分析を実際のビジネスに本格的に活用できている企業はまだ少ない。特に深刻なのが人材の問題だろう。そこでここでは、データにまつわる人材の問題を解決し、データをビジネスで活用するための処方せんを解説する。

photo
データ分析が必須だと感じていても十分に取り組めていない企業は多い
(© ZoneCreative – Fotolia)


データ活用で深刻化する「人材」の問題

 データ分析に取り組む必要性や重要性は論を待たないが、社内に「データサイエンティスト」を抱え、組織的に取り組むことができている企業はまだ少ないのではないだろうか。

 中でも深刻な問題が人材の不足だ。ビジネスを理解したうえで、データ分析に詳しい人間は稀有の存在と言える。そこで、そもそもデータサイエンスに求められるスキルから考えてみたい。

この記事の続き >>
・データ分析に必要な3つのスキル
・データサイエンスに携わる人の底上げ
・チームによるデータサイエンス

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

データをためる
(COLLECT)

データをつなぐ
(ORGANIZE)

データを分析する
(ANALYZE)

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!