開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/11/20

金融DXの全体像を解明 2025年、銀行のサービスモデルはこう変わる

経産省のDXレポートで提唱された「2025年の崖」が関心を集め、金融機関におけるデジタル変革(DX)の取り組みが本格化している。銀行をはじめとする金融機関は、顧客をはじめ外部環境の変化に対応し、ビジネス、ITの両面で変革を進めていく必要がある。こうした金融DXの先にあるものは何か。2025年において銀行のサービスモデルに求められる要素を、先進企業の最新事例から探る。

photo
2025年、金融業にはどのような選択肢が残されているのか
(Photo/Getty Images)

DXの実現には「構造変革」が不可欠

 メディアなどで目にする機会の多い「2025年の崖」。経産省が2018年9月に発表した「DXレポート」で示されたシナリオだが、次のようなポイントからなる。

  1. 既存システムが老朽化し技術負債化
  2. IT人材の不足が 43万人まで拡大し、セキュリティリスクを招く
  3. デジタル化の停滞により経済損失は年間最大12兆円にのぼる

 一方で、金融業界を取り巻く外部環境はどのように変化しているだろうか。関係各所やIBMの調査から以下のような変化が起きると考えられる。

 1つはスマートフォンの普及だ。スマートフォンの世帯普及率は70%を超え、今後はさらにパソコンが代替されていく。最も資産を保有する60代の保有率も59.2%に達しており、今後10年で82.6%まで拡大していくと見られる。

 2つ目は大手プラットフォームの金融ビジネスへの参入だ。2015年は決済(3社)と融資(1社)のみの提供だったが、2019年は、決済(5社)、融資(3社)、資産運用・保険(2社)にまで拡大。この傾向はさらに加速していくだろう。

 そして、3つ目は、銀行がこれまで収益源としてきた営業店の価値が変わってきている状況だ。現在、全体コストのうち本部・事務センターを除いた営業店関連が65%を占めており、この資産を維持していくのは難しいと考えられる。一方、IT予算の内訳で見ると、銀行のIT投資のうち「収益強化」を目的にした投資は、9%にとどまっている。

 このような背景から、金融業界全体でDXを進めていく必要があることは明らかだ。しかし、実際に企業変革、ビジネス変革を実現していくためには、企業文化の変革を伴う「構造変革」が必要となる。

この記事の続き >>
・金融業界のDXを実現する3つのステップ
・2025年の銀行サービスモデルとは?
・金融機関がデジタルカンパニーとして成功するための構造変革(組織/インフラ)

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ハイブリッド/マルチクラウドの最適化

リスクを未然に防ぎ、事業継続を維持

マルチベンダーの保守運用管理を容易に

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!