開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ニュータニックス・ジャパン合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/06/15

【事例】「基幹システム移行」でハマった落とし穴、“救世主”となったITインフラとは?

「基幹システムのSAP ERP(ECC6.0)を半年でクラウドに移行する」──。そう宣言して、実際に実現したのが、NTTアドバンステクノロジ(以下、NTT-AT)である。無謀とも思えるプロジェクトは、現実に多くの課題を抱えて難航する。その難局をブレイクスルーしたのが、一見、ERPとは無関係に見える“あるツール”と、それを支える“あるインフラ”だった。NTT-ATのERPクラウド化プロジェクトの裏側に迫る。

photo
「落とし穴」をITインフラで回避した方法とは
(Photo/Getty Images)

移行期間を半年と宣言して、基幹システムのクラウド化をスタート

 NTT-ATは、システムインテグレーションやセキュリティ、クラウド、IoT、AI、ロボティクスなどの幅広い事業を手がけるNTTグループの技術的中核企業である。現在、同社が積極的に取り組んでいるのが「自らのDX」だ。Value Co-creation事業本部 DXイノベーションプロジェクト プロジェクト長 都筑 純氏は、その意図を次のように説明する。

photo
NTTアドバンステクノロジ
Value Co-creation事業本部
DXイノベーションプロジェクト
プロジェクト長 
都筑 純氏
「現在、多くの企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組んでいます。しかし現実には『DXのためのソリューションと今までのソリューションは何が違うのか?』という見方があるのも事実です。そこで我々は、自らDXを実践し、そこで得られた知見やノウハウをお客さまに提供、還元することを目指しているのです」(都筑氏)

 この「自らのDX」という考え方のもと実施されたのが、長年、利用してきた基幹システムのクラウド化だ。具体的には、社内業務プロセス改革およびチェンジマネジメントを目的に、SAP ERP(ECC6.0)をSAP S/4HANA Cloud multi tenant edition (以下MTE、現在はessentials editionにサービス名を変更)に移行することを決断。しかも、事前に移行期間を半年と宣言し、短期間でのクラウド化を目指したのである。

 SAP ERPの移行は、1~2年をかけた大規模なプロジェクトになることが珍しくない。それを半年で実行するのは容易ではない。事実、プロジェクトは難航を極めた。

「S/4HANA Cloud MTEはクラウドサービスでFit to Standardを基本としているため、カスタマイズはほとんどできません。したがって、独自要件をカバーするには、外部に別システムを作るか、SAPから新たに別のサービス提供を受けるかしかありませんが、それには時間もコストもかかります。そこでいろいろと検討した結果、弊社のRPA(Robotic Process Automation)ツールであるWinActorを使うことで、独自要件に対しても柔軟に対応できることが分かったのです」(都筑氏)

 WinActorは、NTT研究所の技術をベースにNTT-ATが商品化した純国産のRPAツールだ。「現場フレンドリー」をうたい、ITの専門家でなくても開発、運用ができることから、国内No.1のシェアで導入企業は5000社を超える(2020年5月現在)。そのWinActorをERPのクラウド化で活用するという“新しい発見”が、プロジェクトを大きく前進させるかに見えた。だが、このRPAを扱うことで新たに発生した「意外な落とし穴」を克服する必要性が生まれたのだった。

この記事の続き >>
・RPAを採用する上で、ITインフラが鍵を握ったワケ
・ピーク時に最大100~150台あったPCを集約、圧倒的な運用の効率化につながった方法とは
・「一人情シス」環境で注力すべきポイントとは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ニュータニックス提供コンテンツ

関連コンテンツ

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!