開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

SCSK株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/11/02

5社の事例から学ぶデータ共有のポイント 「クラウドに上げれば良い」ではダメな理由

企業にとって効果的なデータ活用・連携が重要であることはいうまでもない。しかし、複数拠点を抱えながらこうした環境を構築することは難しく、拠点ごとに分散したファイルサーバの存在に頭を抱える企業も多い。とはいえ膨大なファイルをまるごとクラウドへ移行するのも現実的ではない。ではどのようにアプローチすれば良いのだろうか? ゲーム制作会社やインターネット専業銀行、医療機器メーカーなど5つの企業の事例を紐解きながら探る。

photo
複数拠点のデータ活用&共有、どうする?
(Photo/Getty Images)

複数拠点間のファイル共有に立ちはだかる深刻な課題とは

 ビジネスのデジタル化が叫ばれる中で、その根幹となるデータの価値は高まる一方にある。いかにスピーディかつ柔軟なデータ活用・データ連携を実現できるかは、企業の競争力そのものを左右するといっても過言ではない。しかしながら現実を見ると、データ活用・データ連携が思うように進んでいない企業も多い。

 その原因の最たるものが、複数拠点へのデータの分散である。特に複数の地域もしくは国に拠点を抱える中堅・大規模の企業の場合、一般的にデータ共有の基盤としてNASストレージなどで構成されたファイルサーバを設け、しかもそれが拠点ごとに分散しているケースが多い。

 複数拠点でのデータの分散は具体的にどのような不都合が生じるのか。まずそれぞれの拠点ごとにデータを管理しなければならないため、管理にかかる作業量が増大してしまう。とりわけ複数拠点で同じデータを使って作業するとなると、作業の重複はもちろんのこと、拠点ごとに複数のファイルができてしまいバージョン管理が非常に煩雑になる。

 さらに、拠点間でデータの重複が発生することは無駄なストレージ領域が使われることも意味する。新たなストレージの選定・導入も拠点ごとに行わなければならず、多大な無駄が生じてしまうのである。データ保護の側面でも、拠点ごとにバックアップやディザスタリカバリ(DR)の対策を講じなければならないだろう。

 こうした課題を踏まえると、理想的なのは企業がデータを一元的に管理しつつ、すべての拠点がそのデータをこれまでと同じ利便性でアクセスできる環境を構築することである。そこでここからは、5つの企業が、具体的にどのようにして快適なデータ活用環境を整えたのかを解説する。

この記事の続き >>
・ゲーム制作会社A社:国をまたいだ大容量データの共有も簡単に実現
・インターネット専業銀行B社:オンプレミスと同等以上に高速なレスポンス
・インターネット専業銀行C社:ファイルアクセス遅延の解消とBCP/DR対策強化にも成功
・映像コンテンツの企画制作D社:効果的なデータ圧縮でバックアップ容量大幅削減
・医療機器メーカーE社:離れた拠点間でもスムーズにファイル共有

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!