開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Coupa Software合同会社(旧LLamasoft 株式会社)提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/03/05

複雑化するサプライチェーン、事業コストを平均10%削減する「デジタルツイン」活用法

新型コロナウイルスの影響により、生産能力低下や需要の激変など、ビジネスの不確実性がより高まる時代になった。この時代を生き残るには、サプライチェーン戦略の変革が従来以上に重要となる。製造業ではバランスよく生産対応・在庫保管を行い、必要な製品を顧客にスピーディに届けられる体制が理想的だ。だが言うまでもなく、在庫や生産能力はコストとトレードオフの関係であり、その最適解を求めるのは容易ではない。それに応えるのが、AI/最適化テクノロジーを活用した「デジタルツイン」によるサプライチェーンの高度化だ。

photo
複雑化するサプライチェーンの最適解をどう解くか
(Photo/Getty Images)

複雑化したサプライチェーンでは従来のアプローチが通用しない

 サプライチェーンの複雑さや変動は激しさを増している。消費行動のみならず、貿易戦争やM&Aにともなう合従連衡など、ニーズの変化に起因する事業環境の変化が起きている。

 また、AIやロボティクスを始めとするテクノロジーの画期的な進歩によって、ビジネスを取り巻く環境変化のスピードは加速している。他社に後れを取ることなく、先んじて高度なオペレーションやデータ分析に取り組む重要性が増している。

 サプライチェーンに影響を与える不確定要素・変数は膨大であり、さまざまな観点で新たな取り組みが必要だ。

 何の製造拠点をどこに設けて、どの程度の生産能力でどう運用するのかといった「供給ネットワーク構造」。内製か外製かの選択も含めた「生産対応」。予測精度が大きな影響を及ぼす「製品需要」の観点。欠品しないようにどれだけ在庫を補充するかコストとバランスを取りつつ見極める最適な「サービスレベル」と、それを実現するための「在庫配置や構成」。そして、拠点からいかにして顧客まで届けるか「輸送手段の選択と確保」。

 これらに加えて、近年では「リスク分析」も重要なパラメータとなっている。新型コロナウイルス対応や天変地異といった未曾有の災害は、サプライチェーン全体のモノの流れに大きな影響を及ぼす。

 このように絶え間ない対応が必要になるサプライチェーンに、従来のITシステムのみで対応しきれるだろうか。昨今トレンドのDX化に沿ってサプライチェーンのデジタル化を推進している企業においても、個別業務領域ごとのITシステム導入がほとんどであり、システム間や部署間のデータ連携については分断されたままであり、実業務では多くの手作業や担当者の「勘や経験」に頼ったオペレーションが行われているケースが大半ではないだろうか。

 しかしながら、グローバルで業界をリードする企業は、すでに最新のデジタルテクノロジーを活用してこの課題をスマートに解決している。

この記事の続き >>
・今求められるサプライチェーンの“理想”と“現実”
・平均10%もの事業コスト削減をもたらすサプライチェーンのリデザイン方法
・サプライチェーンにおける「デジタルツイン」の全体像を解説
・年間数億円規模のコスト削減した自動車部品メーカーなどの事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!