開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Sansan株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/05/28

商談の質は「顧客情報の理解」で決まる?ダメダメ「マーケ・営業部門」の特徴とは

コロナショックをキッカケに企業のデジタルツールの導入が加速したが、売上などの成果につなげられている企業は少ない。たとえば、「マーケティング部門と営業部門などで導入しているツールが異なり、同じ顧客データであるにも関わらず、連携がとれていないために有効活用できていない」といった声すら上がっている。このように、単にツールを活用すれば企業のDXが実現できるわけではないのだ。何に気を付ければ成果につながる改革となるのだろうか。

photo
社内に集まる顧客データを効率よく管理・有効活用できる組織になる方法とは?
(Photo/Getty Images)
 

「コロナ対応でDXが進んだ」と回答した企業は50%に上るが……

 新型コロナウイルスの感染拡大以降、対面による商談が難しくなるなど、企業活動には大きな影響が出ている。多くの企業がパンデミック対応に追われているが、これが従来から指摘されてきた企業課題の1つであるDXへの取り組みを推し進めている側面もあるようだ。

 電通デジタルが実施した「日本における企業のデジタルトランスフォーメーション調査(2020年度)」によれば、「新型コロナの影響によりDXが加速した」と答えた企業は50%にも上る。

画像
新型コロナの影響によりDXが加速した企業は多い

 実際に、コロナ対応に伴いWeb会議ツールなどをはじめとしたデジタルツールの導入が進み、アナログ業務のデジタル移行が加速した企業は多いはずだ。

 しかし、IT投資が進んだものの、顧客に対する価値提供につなげられている企業は少ないようだ。その理由はどこにあるのだろうか。IT投資が成果につながる企業と、そうでない企業の特徴を見ていくと、両者を分けるポイントは、「データの管理の仕方」にありそうだ。

この記事の続き >>
・IT投資がムダになる企業にありがちな特徴とは?
・正確な顧客分析には何が必要か?
・部門ごとに管理しているバラバラデータに横ぐしを通す方法
・営業DX事例、Salesforceとの連携も

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!