開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

オープンテキスト株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/07/02

「サプライチェーンDX」成功への条件を徹底討論、今まさに変革のチャンスである理由

ビジネスのグローバル化や取引の複雑化によって製品の価値・需要が目まぐるしく変化する中、サプライチェーンにも変化への対応が求められてきた。また、今般の新型コロナウイルス感染症のパンデミックのように、多大な影響をもたらすインシデントへの対処という課題も顕在化している。特にグローバル規模の調達購買業務においては、危機対応力が高いレジリエントな(柔軟性の高い)サプライチェーンの構築が必要不可欠だと言える。そのカギを握るのは、デジタルトランスフォーメーション(DX)に他ならない。サプライチェーンのDXを実現するには、どうすればいいのか。

かつてない危機意識、サプライチェーンの見直しは待ったなし

 現在、企業のサプライチェーンでは、どのような課題が顕在化しているのか。アクセンチュア サプライチェーン&オペレーション日本統括の太田 陽介氏は、サプライチェーンの現状を次のように捉えている。

photo
アクセンチュア
サプライチェーン&オペレーション日本統括
太田 陽介 氏

「もともとグローバルサプライチェーンは米中対立などに代表されるカントリーリスクを抱える中で、構造改革が進行している過程にありました。そこに輪をかけて起こったのがコロナ禍です。グローバルサプライチェーンを見直すべき時期が当初の想定よりも繰り上がり、“待ったなし”の状況を迎えたと言えます」(太田氏)

 オープンテキスト インダストリー営業本部 本部長の菅原 勇人氏もこう語る。

photo
オープンテキスト
インダストリー営業本部
本部長
菅原 勇人 氏

「調達購買業務に絞っても、複数のプラットフォームでデータがサイロ化して運用されていました。以前から、一連のプロセス間で物流情報が紐づいていないという課題が指摘されてきましたが、コロナ禍によって経営層の危機意識もかつてなく高まっているのです。直近1年で、サプライチェーン全体の見える化を図りたいというニーズが爆発的に増えています」(菅原氏)

 また、日本企業におけるグローバルサプライチェーンの課題は「ITシステムのモダナイゼーション(近代化)の課題」とも密接に関わっているという。

「たとえば、在庫の回転率を上げるためのオペレーションをクイックに実行できているかという点に着目すると、海外の競合企業に対して遅れが目立ちます。こうした日本企業の弱点をDXの過程で何とか解消していかなければなりません」(太田氏)

この記事の続き >>
・グローバルサプライチェーン最適化には「発想転換」が欠かせない
・DX化で二極化する企業、運命を左右するカギは
・「●●●●」は変革の絶好のチャンス

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!