開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

横河レンタ・リース株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/03/02

VDIを超える最適解。失敗つきまとうWindows Updateも怖くない、PCの運用体験

テレワークとオフィスワークを併用するハイブリッドワークが主流になると考えられる今後、それはすなわち「PCがオフィスになる時代の到来」を意味する。企業はセキュリティ対策やWindows 11の導入、働きやすいPC環境の提供といった対応が迫られる一方で、それを管理・運用する担当者の負担やコストの低減を図る必要がある。これらを解決するソリューションの最適解について紹介しよう。

photo
セキュリティ面も運用面も不安を残さない、ハイブリッドワーク時代の最適解とは?
(Photo/Getty Images)

PC運用に求められる経営視点、セキュリティと運用コストはどう両立する?

 コロナ禍でテレワークが広がり、企業の存続にはPCがこれまで以上に欠かせない存在となった今、企業経営の視点でPCを調達・運用する必要がある。その際、「従業員にとって働きやすいか」「IT部門が運用で疲弊しないか」「セキュリティやガバナンスに問題がないか」「テレワークで思わぬ落とし穴がないか」「環境に優しいか」といったESG(環境・社会・ガバナンス)の視点を持つことが重要だ。

 ウイルスが猛威を振るう中でなかば強制的にテレワークへ移行したことにより、「PCの持ち出し」の観点でセキュリティ管理に不安が残っている企業も少なくない。最悪の場合、データ流出によって企業の信用が失われる危険性がある。

 そういった背景もあり、企業のセキュリティアーキテクチャーは、境界防御型からゼロトラストセキュリティへと移行しつつある。この潮流に乗り、堅牢なセキュリティの実現に向けてまず企業が取り組むべきは、エンドポイントセキュリティの向上だ。

 だが、セキュリティ向上の最優先課題ともいえるWindows Updateの確実な実施は、テレワークによって管理が一層難しくなっており、ユーザー任せになっているケースもある。また、アップデート中の思わぬトラブルで業務が滞ることを懸念している企業は少なくない。とはいえ、エンドポイントを管理者側で一元管理できるVDIの採用はコスト増加やユーザビリティの観点から課題が多い。

 さらに、こうした状況はPC関連業務全般に携わる担当者の業務負荷を高める原因にもなっている。これでは全社的な働き方改革の実現は困難だ。それでは、どのようにセキュリティ向上と運用担当者の業務負荷削減を両立すればいいのだろうか。

この記事の続き >>
・VDIに代わる、安全なエンドポイントを実現する選択肢
・失敗がつきもののWindows Updateをテレワークでも着実に実施する方法
・全国約600台のPCを3人で保守・運用・管理、工数を3分の1に削減できた井村屋グループ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!