開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社、株式会社日立ソリューションズ、株式会社FCEプロセス&テクノロジー提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/03/11
 ストーリーでわかるRPA入門:業務量はここまで減らせる!「働き方改革」の切り札現る

家電メーカー コゼキ電機の営業部門を率いる種島は、最近、働き方改革を進める会社や若手との間でギャップを感じている。種島がコゼキ電機の急成長に貢献できたのも、「顧客第一主義」を信条に、顧客のためにできる限りの時間を割いてきたからだ。部下たちもがんばってはいるが、会社の残業削減の方針もあり、以前の自分と同じやり方を強制することはできない。そうした中、元同期で親友でもある河西から久しぶりにランチの誘いが……。そこで、種島の日頃の鬱憤(うっぷん)が爆発する。

画像

熱血営業、転職した同期に日ごろの不満をぶつける

画像
【種島】まったく、何が「働き方改革」だよ。まずはお客さまが最優先だろう。自分たちの働き方のために、お客さまに迷惑かけて、どうしようってんだ。会社も会社だか、若いやつらも困ったもんだ。仕事が終わっていないから最後までやって帰れといったら、露骨にいやな顔をしやがる。

【河西】あいかわらずだなぁ、種島。まぁ、そんなに熱くなりなさんな。

【種島】いや、本当にやることはたくさんあるんだ。POSデータの分析に夜間や休日の対応、顧客対応の抜け漏れ排除、取引先からPOSデータをダウンロードするのにも時間がかかる。それを若手に頼んだら露骨に嫌な顔をされたんだ。まったく……。

【河西】その若手は、けっこう見どころがあるんじゃないか?

【種島】えっ、お前、何を言ってるんだ!

【河西】もしかしたら、その若手はRPAのことを知っているかもしれんな。お前がいま言ったこと、ウチでは全部、RPAで自動化できるんだ。RPAを知ってるからこそ、嫌な顔をしたんじゃないかな。お前があまりに熱くて会社命だから、若手もとまどっているのかもしれない。

【種島】どっ、どういうことだ。RPA? 自動化? 何のことだかさっぱりだ。すまん、それがどう営業の役に立つのか、詳しく教えてくれないか?

 この記事の続き >>
 RPAで劇的に改善する3つの営業業務とは?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連コンテンツ

類似コンテンツ

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!