HENNGE株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/03/31 掲載

いまだパス付きZIPメールが飛び交うワケ、「脱PPAPの先」はどうすれば? 最適解とは

記事をお気に入りリストに登録することができます。
データファイルを共有する際、パスワード付きのZIPファイルをメールで送信し、別のメールでパスワードを送る「PPAP」と呼ばれる手法はセキュリティの観点から脱却すべきだという機運が高まりつつある。それでもなお、パスワード付きのZIPファイルが添付されたメールはいまだ飛び交っている。危険性を認識しつつもPPAP方式を使い続けている企業の中には、代替先を決めかねているという本音を持つ企業もあるだろう。セキュアなファイル共有を実現する、「脱PPAPの先」となる方法を紹介する。
photo
メールセキュリティはどのようにアップデートすべきか
(Photo/Shutterstock.com)

メールセキュリティのアップデートは喫緊の課題

 IPA(情報処理推進機構)が発表したセキュリティ脅威の上位には、ランサムウェア、メール詐欺、内部不正、不注意などが並ぶ。しかし、ここ数年の10位以内の内容はほとんど変わっていない。つまり、これらの脅威はまだ完全な対策がされていないということだ。その中でも、攻撃の手口としてよく使われるのはメールだ。近年、脱PPAPも叫ばれているメールのセキュリティ対策は特に必要といえる。

画像
IPAが発表したセキュリティ10大脅威。攻撃の手口としてよく使われる「メール」対策は喫緊の課題だ

 ここで、PPAPの問題点をおさらいしておこう。PPAPは、安全に送ろうという考えからファイルを暗号化するが、そのためにウイルスが混入している場合でもセキュリティをすり抜けてしまうという問題点がある。また、解読しにくいパスワードを付与するなど、暗号化する際に手間がかかるほか、メールの盗聴リスクを排除できないことも問題だ。

 そもそも宛先を間違い、重要なデータを誤送信することも考えられる。さらに、受け手はスマートフォンで閲覧したい場合、ZIPファイルは中身を確認できないうえに、ZIPファイルは受け取り不可という場合もある。

 以下では、このようにさまざまな問題を抱えるPPAPを脱却する際に重要なこと、そして具体的なPPAP脱却方法について説明する。

この記事の続き >>
・個人情報の取り扱い事故、6割が「誤送付」の現実
・誤送信防止・脱PPAPの両方がかなうメールセキュリティ手法
・Microsoft 365とAPI連携など、業務効率を爆上げする仕組み

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます