Slack(株式会社セールスフォース・ジャパン) 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/09/22 掲載

“しきたり化”した会議がある企業は要注意、「出社前提」時代の終焉でまずすべきこと

記事をお気に入りリストに登録することができます。
あなたの組織には「毎週月曜日の朝礼」や「週次の定例ミーティング」など、同じ時間・同じ場所にいることを前提とする“しきたり化”した会議はないだろうか。テレワークが普及する現代において、果たしてそれだけが有効なコミュニケーションと言えるだろうか。こうした「出社前提」時代の非効率な働き方を継続するデメリットを考えてほしい。ワークライフバランスの第一人者である小室淑恵氏が、柔軟性のある働き方を実現するヒントを解説する。
photo
その会議、本当に同じ時間・同じ場所に集まる必要はありますか?
(Photo/Shutterstock.com)

7割超のビジネスパーソンが望む組織像とは?

 コロナ禍を機にテレワークが広がり、働く「時間」と「場所」を選べる働き方が増えてきている。ある調査によると、ビジネスパーソンの71.6%が「時間や場所にとらわれない働き方を選べる、柔軟な組織になること」を期待しているという。

 だが現実には、その実現を阻む壁がいくつも存在する。たとえば、「決まりだから」「慣例だから」という理由だけで実施される定期的な会議だ。内容によっては同じ時間・同じ場所にいる必要がないものも存在するだろう。

 これから目指すべき「生産的な働き方」とは、全員が同じ場所で同じ時間にいなくても、成果を上げられる環境を作れるかどうかにある。

 「出社前提」のコミュニケーションから脱却しなければ、従業員1人ひとりがパフォーマンスを発揮できる働き方、組織変革は実現できない。また、能力のある海外人材や育児や介護を抱える従業員の採用といった機会を増やすことも困難になる。

 働く人を時間と場所の制約から解き放つ柔軟性のある働き方をどう実現すべきか。以下の資料では、ワークライフバランスの第一人者である小室淑恵氏が、その解決方法を解説する。柔軟な働き方で優秀な人材を確保したい企業は一読することをおすすめする。

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます