Notion Labs Japan合同会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/09/20 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
ここ数年、働き方の多様化に伴い、リモートワークと出社を組み合わせたハイブリッドワークを採用する企業が増えた。そうした中、企業が提供する「オフィス」「サテライトオフィス」「コワーキングスペース」などを含めた職場環境が、働く人の生産性・離職率を大きく左右する重要な要素として認識されはじめてきた。それでは、具体的にどのような職場環境が望ましいのだろうか。働き方・職場環境をテーマにあらゆる調査・研究を行う、ザイマックス不動産総合研究所 主任研究員の石崎真弓氏に解説してもらった。

企業のハイブリッドワークの現状と課題とは?

 コロナ禍以降、働き方の多様化が進み、ハイブリッドワークも普及した。こうした流れは今後も続く可能性が高い。実際に、ザイマックス不動産総合研究所が企業に対して行ったアンケート調査によると、アフターコロナを見据え、7割以上の企業がハイブリッドワーク継続の意向を示しているとの結果が出ている。

 それでは、従業員にとって望ましいハイブリッドワーク環境とはどのようなものなのだろうか。

 考えるべきポイントはいくつかある。たとえば、オフィスのサイズは縮小すべきか、それとも維持すべきか。テレワークが増えたことでオフィス縮小という話もあるが、同時にオンラインによる打ち合わせが増えたため、「会議室・打ち合わせスペースが足りない」という問題が発生している。

 そのほか、サテライトオフィスやコワーキングスペースの充実度も従業員の働きやすさを左右する重要な要素だ。賃貸オフィスを借りるのか、コワーキングスペースを契約するのか、従業員のニーズやコストなどを含め考える必要がある。

 このように、検討すべきポイントは多く、最適解を見つけにくいというのが本音かもしれない。ここからは、どのような要素が従業員の生産性・モチベーションに影響を与えるのかを整理しつつ、それを踏まえた職場環境の作り方のポイントを解説したい。

この記事の続き >>

  • ・結局、オフィスは不要?維持すべき? 調査結果から見えてきた実態
    ・従業員の離職率・生産性を左右する“5大要素”
    ・理想的な職場に欠かせない「心理的快適性」とは

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます