HENNGE株式会社 、 バルテス株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/12/04 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
企業のBCP(事業継続計画)やBCM(事業継続マネジメント)の整備は、今や企業経営の重要なテーマであるサステナビリティ(持続可能性)、ESG(環境、社会、ガバナンス)に直結する。そして、気候変動や感染症、サイバーテロといった近年高まる不確実性への対応力も試される大きな要素だ。本稿では、半導体洗浄装置で世界トップシェアを誇り、グローバルに事業を展開するSCREENホールディングスのサステナブル経営を支えるBCP/BCMの実践について掘り下げる。

ESGを軸にしたサステナブル経営を実践するための仕組みとは

 SCREENホールディングスは、明治元年創業の印刷所をルーツとし、150年余の歴史を誇る産業用機器メーカーだ。印刷関連装置からはじまり、時代とともにエレクトロニクス領域へと発展。現在は半導体分野をメインに、連結子会社国内23社、海外29社でのグローバル展開を進めている。

 同社はそうしたグローバル展開の中で、いち早くサステナブル経営にかじを切り、ESGを重視する企業活動を行ってきた。その柱は大きく2つある。企業理念に基づく行動原則と行動規範である「CSR憲章・行動規範」と、自社の経営に関わる「マテリアリティ」(重要課題)だ。マテリアリティに挙げているのは「社会と人々に新しい価値を提供」「環境負荷低減を推進」「社員一人ひとりの成長を促進」「持続的な経営基盤の強化」の4項目だ。

 これらをグループ各社の行動にまで落とし込むための仕組み化も積極的に進めてきた。同社サステナビリティ推進室室長の島田清孝氏は、その推進の鍵となる社内横断組織として「CSR委員会」「グループリスク委員会」という2つの委員会を挙げる。

「これら2つの委員会は、CEOが責任者となることでトップマネジメントと連動しています。さらにCSR委員会の下では『グループEHS(環境・健康・安全)委員会』が、国際規格に基づいて、安全で健康な働きがいのある職場を作る活動をしています」(島田氏)

 こうした全社体制の下で、同社のリスクマネジメントおよびBCP/BCMが、どのようにサステナブル経営を支えているのか。重要テーマであるESGとのつながりに焦点をあてながら、事業継続リスクに備える具体的な取り組みを次章から詳しく見ていこう。

この記事の続き >>

  • ・50社以上のグループ企業で連携、事業継続リスクを根絶させる「3段階の構え」とは
    ・「事業継続リスク」を洗い出す方法、ポイントは“2つの掛け合わせ”
    ・インシデント時はどう動く? 具体的な体制は? “使えるBCP”の作り方

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます