キヤノンマーケティングジャパン株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/03/01 掲載

経理の根深いデータ管理の課題、DXの“真の進展”に必要な業務再設計のコツ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
2023年10月より施行されたインボイス制度、電帳法によって2024年1月から電子取引に関するデータ保存の義務化が始まった。これらを対応する経理部門は、企業のDXをリードしていかなければならない。しかし、経理部門の持つデータの一元管理の難しさなど、経理部門を取り巻く課題は根深い。では、どのように改革を進めていけば良いのだろうか。経理部門を起点とするDXの進め方について、具体的な4つの企業事例とともに解説する。
photo
経理部門の主導のDXの実現方法とは
(Photo/Shutterstock.com)

経理部門におけるデジタル化や自動化は必須の時代に

 昨今、経理部門は電帳法や2023年10月より施行されたインボイス制度など、さまざまな法制度の改正の対応に追われている。企業としては、デジタルドキュメントの真実性や活用性の担保を目指し、電帳法に準拠した保管システムの導入や社内規定の変更が求められる。

 また、請求書の受領(じゅりょう)方法は郵送やメールからWebダウンロードやシステム利用に多様化し、これに伴い事務処理や保管手段も変化している。

 さらに、アフターコロナでのリモートワークやハイブリッドワークといった働き方の多様化や、労働人口の減少による人手不足も加速する。そして、企業経営の観点からは、デジタル変革を通じた事業拡大、コスト削減、コンプライアンスとガバナンスの遵守が重要となる。このように、経理部門における作業のデジタル化や自動化の必要性が高まっている。

 以降では、経理部門を起点とするDXの進め方、3つのポイントについて、4つの企業事例を交えて解説する。

この記事の続き >>

  • ・経理部門を取り巻く根深いデータ管理の課題
    ・情報資産を可視化し効率化とコスト削減を実現するためには
    ・業務DXの3つのカギ「デジタル化」「データ活用」「システム改修の最小化」
    ・業務DXによって組織強化を実現した4つの企業事例

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます