オープンテキスト株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/04/15 掲載

生成AIの「3つのリスク」を克服するには? 「非構造化データ管理」がカギを握るワケ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
DXの進展とともに企業で活用が進むのが生成AIだ。しかし、「生成AIの導入と活用」を成功に導くためには、「データ管理」の問題を解決する必要がある。なぜなら、企業内データの約8割は文書ファイルをはじめとする「非構造化データ」だからだ。文書管理の問題をクリアにし、さらにAIが持つ「リスク」を正しく理解、クリアするためにはどうしたらよいか、企業における生成AI導入を成功に導くポイントを解説する。
photo
生成AIの「3つのリスク」とその解決策とは?
(Photo/Shutterstock.com)

生成AI活用に立ちはだかる「非構造化データ」の問題

 企業におけるビジネスのデジタル化、デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展に伴い、生成AIの活用が大きなテーマとなっている。では、生成AIのデータ活用の“源泉”となる、企業内の文書管理についてはどうだろうか。

 一般的に、企業で扱うデータの約8割は非構造化データといわれる。数値化され、データベースに入力される構造化データとは異なり、企業が保有するデータの大半は、Office文書ファイルや音声、映像、あるいは請求書のPDFファイルなどの非構造化データによって占められている。

 さらに、非構造化データの99%は「二度と分析、再利用されることはない」というIDCの調査結果もある。普段の業務を顧みても、「提案書などのデータを検索し、見つからない場合は再作成」というように、文書管理がスムーズに行えないことに起因する「非効率な作業」に思い当たる節はないだろうか。すなわち、生成AIに関しては、企業内の非構造化データを有効活用するための「文書管理の仕組み」を整備することが不可欠ということになる。

 生成AI導入には大きく「技術への理解不足」「ユースケースのイメージが湧かない」「生成AIのリスク」という3つの課題がある。しかし、最も大きなリスクは、競合他社が生成AIを活用し先行してしまうことだ。データ活用、DXの流れは不可避であり、生成AIのビジネス活用も「やらなくてよい」という選択肢はない。

 では、上述した3つの課題のうち「生成AIのリスク」と、その解決方法についてさらに詳しくみていこう。

この記事の続き >>

  • ・生成AIのビジネス活用に「文書管理」が必要な3つの理由
    ・生成AI活用環境に最適な環境とは?
    ・ユースケース「膨大なマニュアル文書を読み込ませ、問い合わせ対応を迅速化」

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます