SBクリエイティブ株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/05/10 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
知られざるAI「7つの問題点」、セキュリティ対策“結局は人頼み”と言える納得理由

急激な進化を遂げているAIの存在は、もはやどんな業種・規模の企業であっても無視できないものとなっている。その一方、ディープフェイクなどに代表されるように、セキュリティの観点からは、これまでよりも一層注意深い対策が企業に求められるようにもなる。AI時代に必要なセキュリティ意識とは何かを、大阪大学の猪俣敦夫教授が解説する。

「AI時代」のセキュリティの在り方とは

 どの企業であっても、自社が持つ「個人情報」の漏えいは企業や組織を再起不能に陥れかねない。関与するスタッフの人為的ミスも避けたいが、身代金要求などにも発展しかねないサイバー攻撃は、セキュリティの観点からは最も避けたい事態だ。

 個人情報漏えいについては、2014年に通信教育大手の企業で発生した事例は記憶に新しい。この事件について、流出したのが子どもの個人情報だったことが、ひときわ注目された背景にあると指摘するのは、大阪大学教授であり、同大学サイバーメディアセンター副センター長およびCISO(最高情報セキュリティ責任者)を務める猪俣敦夫氏だ。

「TTL(Time To Live)とは、ネットワーク内でデータが生存する時間のことですが、情報それ自体にもTTLがあります。とりわけ、子どもを含む若い人の情報はTTLが長く、より重要なものであったことが、この事件を重大なものにしました。この例からも分かるように、情報に対する感覚をこれまで以上に敏感にアップデートしながら、セキュリティを自分事として考えなければならない時代が来ています」(猪俣氏)

 さらに近年は、AIの発達によりセキュリティを取り巻く環境はより複雑性を増している。AIが提示する情報の正しさや出典なども含め、人間はこれまで以上にさまざまな側面からセキュリティを検討しなくてはならないのだ。

 では、AI時代にセキュリティ対策を実践していくためには、具体的にどんな意識が必要なのだろうか。

この記事の続き >>

  • ・AIに関する「ある誤解」
    ・知っておきたいAI「7つの問題点」
    ・「AI時代」に「人の信頼関係」が重要になるワケ

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます