株式会社クオリティア 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/04/17 掲載

「脱PPAPサービスは不要」、その理由とファイル送信の最適解とは?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
ファイル共有の方法として主流だったPPAP(パスワード付き圧縮ファイルとパスワードについて別のメールで送る施策)について、脆弱性が指摘されるようになり、PPAP廃止に乗り出す企業も増えてきた。しかし、ファイルを送る側と受け取る側ではネットワークの環境や規定が異なるため、自社にとって運用しやすい共有方法でも、他社にとってはそうではない場合がある。本稿で「脱PPAPサービス」は本当に必要なのかを検証する。
photo
セキュリティの懸念なくファイル共有する方法とは?
(Photo/Shutterstock.com)

PPAPではセキュリティ上の懸念が残る2つの理由

 PPAPの語源は、諸説あるものの、以下4つの言葉の頭文字を取った造語との説が有力視されている。

  • パスワード付きzipファイルを送る(Password)
  • パスワードを送る(Password)
  • 暗号化(Angou)
  • プロトコル(Protocol)

 これらが示すように、PPAPではデータ共有の際、暗号化したzipファイルをメール添付で送り、別のメールで復号用のパスワードを送信する。

 このPPAPが昨今敬遠されるようになった理由は、大きく2つに分けられる。1つ目は、ファイルが添付されたメールとパスワードを記載した別送のメールは、経路は変わらずメールを盗み見る「盗聴」リスクの低減にはつながらないことだ。

 2つ目は、Emotet(エモテット)に代表されるような暗号化ファイルによる攻撃手法が、盛んに行われていることである。Emotetはメールアカウントなどの情報を窃取することに加え、ほかのウイルスなどへの二次感染を引き起こすマルウェアだ。攻撃者はあえてPPAPでメールを送って、受信者側のウイルス対策ソフトやマルウェア検知をかいくぐり、相手にウイルスを送り付ける。

 昨今のサイバー攻撃の動向も踏まえ、PPAPを継続的に利用すると、セキュリティ上懸念点が残ってしまう。企業はどのような手法でファイルを共有すれば良いのだろうか。

この記事の続き >>

  • ・約19%の企業が脱PPAP対策を取引先から拒否されている
    ・脱PPAPソリューションも「結局PPAPと変わらない」
    ・「脱PPAP向けサービス不要」ならばファイル送信の最適解は何か?

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます