キンドリルジャパン株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/05/09 掲載

成功企業のCIOが語る「組織×IT」の変革を両立させる方法、その必要条件とは?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
近年、企業は利益追求だけでなく、社会的な使命や存在意義(パーパス)に基づいた事業活動にも注力している。その実現に不可欠な要素が「デジタル技術」だ。業務プロセスの効率化やイノベーションを促進し、組織文化の強化や組織変革につながる。しかし、組織変革とIT変革の同時実行は困難だと考えられてきた。ただ、それを実現した企業も存在する。成功企業のCIOが語る体験談は、変革を目指す組織に役立つアイデアやヒントが得られるだろう。
photo
変革が継続するカルチャーを築くには?
(Photo/Shutterstock.com)

存在意義(パーパス)に基づいた企業成長を支える「デジタル技術」の活用方法

 近年、単なる利益追求だけでなく、社会的な使命や存在意義(パーパス)を持ち、その目的達成に向けて事業を展開する「パーパス経営」を目指す企業が増えている。その実現には、持続的な成長や社会的影響力の拡大を追求しつつ、利益の最大化を図る必要がある。そこで重要な役割を果たすのが「デジタル技術」だ。

 デジタル技術を活用することで、業務プロセスを効率化してコスト削減や時間の短縮を実現したり、イノベーションを促進して新たな価値を創出したりすることが可能だ。さらに、従業員とのエンゲージメントを強化した組織文化の形成、組織変革も実現できる。

 ただ、大きな変化を起こす局面では、どの業界・組織でも「障壁」「機会」の両方に直面するのも事実だ。多くの経営陣が「組織変革」とデジタル技術を活用した「IT変革」を同時に実行することは非常に難しいと考えるだろう。

 そんな中、自社の変革とIT変革を同時に実行し、パーパスを実現した企業も存在する。その一例が、2021年11月にIBMから独立し、世界最大級のITインフラストラクチャのサービスプロバイダーとなった「キンドリル」だ。

 以下の資料では、同社のCIOが自社での体験談を交えて、最新の技術を活用してデジタル企業へと変革した取り組みを詳細に語っている。実践したIT変革の成果が「どのようにビジネスの成功と合致したのか」「組織全体のセキュリティ・レジリエンスの強化にどう結びついたのか」などが示されている。

 デジタル技術の活用による変革を目指す組織にとっては、その実践に役立つアイデアやヒントが多く得られるはずだ。

photo

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます