キンドリルジャパン株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/05/20 掲載

今のままじゃ「ほぼ運任せ」、ランサムウェアから確実に復旧させる「3つの要件」

記事をお気に入りリストに登録することができます。
今や「ITシステムの停止」は「ビジネスの停止」を意味するようになった。サイバー攻撃から迅速に復旧する体制を整えることは、企業にとって最重要課題の1つとなっている。昨今では、サイバー攻撃からの復旧力を高めるための「サイバーレジリエンス」が注目されているが、従来の「レジリエンス」のプロセスでは不十分であるという。その理由と具体的な対策を解説する。
photo
攻撃を受けてデータ復旧をできた企業は2割にも満たない……この「ほぼ運任せ」の現状をどう打開するか
(Photo/Shutterstock.com)

被害118件のうち、検知できたのは「たった9件」という現実

 従来のITシステムが停止する主な原因は、機械の故障やオペレーションのミス、自然災害やそれに起因する火災、水害および電力障害などだった。しかし、近年はそれらに加えて「サイバー攻撃」が最重要リスクとなり、その割合は年々増加している。

 情報処理推進機構(IPA)が発表した『情報セキュリティ白書2023』によれば、サイバー攻撃を受けた企業の多くが、海外拠点を含む子会社、協力会社といったサプライチェーンを構成する取引先に残る脆弱性を突かれている。具体的には、攻撃者はVPN機器やリモートデスクトップなどの脆弱性を突いて内部ネットワークに侵入している。

 また、サイバー攻撃の被害に遭った企業のうち118件は、ウイルス対策ソフトを導入していたにもかかわらず、ランサムウェアを検知できたのは「わずか9件」となっている。さらに、被害を受けた8割以上の企業がデータをバックアップしていたにもかかわらず、バックアップからデータを復旧できたのはそのうち2割に満たないことがわかった。

 しかし、多くの被害状況から考えると、サイバー攻撃を100%防ぐことは現実的ではない。そのため、企業はサイバー攻撃を防ぐための継続的な投資に合わせ、万が一サイバー攻撃に遭ってしまった場合にいかにビジネスを復旧するのか、そのプロセスをあらかじめ検討しておくことが極めて重要であると言えよう。

この記事の続き >>

  • ・「レジリエンス」と「サイバーレジリエンス」では何が違う? 前者では不十分なワケ
    ・ランサムウェア攻撃からのビジネス復旧に必要な「3つの要件」
    ・超重要なのに「盲点」、復旧のカギを握る○○部門と△△部門の連携

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます