日本アイ・ビー・エム株式会社(VSR) 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2016/08/29 掲載

クラウド&モバイル時代のワークスタイル基盤、クラウドかハイブリッドか

記事をお気に入りリストに登録することができます。
メールや掲示板など、コラボレーションツールとしてNotes/Dominoを長年にわたり愛用している企業も多いだろう。こうした既存の資産を活かしながら、クラウドやモバイル、ソーシャルなどの新しい技術に対応し、さらにワークスタイルの変革を進めていくにはどうすればよいのか。また、それを支えるITはどのような形で構築すればよいのか。日本アイ・ビー・エムの鴨志田喜弘氏と臼井修氏が語った。

Notes/Dominoで[クラウド]×[モバイル]×[ソーシャル]の活用を

photo
日本アイ・ビー・エム
ソーシャル事業部
鴨志田 喜弘 氏
 企業が抱える目標や課題は多種多様だ。営業力・販売力の強化から、働き方の改革、新製品開発・技術力の強化、グループ・シナジーの促進、自社ブランドや人材確保・育成、コンプライアンス順守まであり、これをITによって解決しようとする企業も多いだろう。

 このような各種ビジネスの課題を支えるITの世界ではクラウドが注目を集めている。さらにオンプレミスとクラウドを併用するような「ハイブリッド構成」も現実解として定着しつつあるが、日本IBMの鴨志田氏は「ハイブリッド構成であるべきかどうかは、本来の目標や課題を整理して十分に検討する必要があるでしょう」と指摘する。

 現在、Notes/Dominoユーザーの利用法を大まかに分類すると、ベーシックなグループウェアとして利用する場合、メールなどの基本機能に加えて業務アプリケーション(ワークフロー、顧客管理、SFAなど)も使う場合、基本機能を使わずに業務アプリのみで活用する場合、に分けられる。

 そのような状況で、いま企業の多くの課題を解決するテーマの1つとして挙げられているのが、Notes/Domino+[クラウド]×[モバイル]×[ソーシャル]の活用だ。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​