ようこそゲストさん

株式会社 アクティファイ 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/08/23 掲載

災害やサイバー攻撃で倒れても「データごとビジネスを立ち直らせる」コツ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
近年、データの重要性がますます高まり、消失してはならない膨大な情報が企業に蓄積されている。そのため、重要なデータを狙ったサイバー攻撃も珍しくない。また、地震や台風などの自然災害で、システムとデータが危険にさらされるリスクもある。ここでは、こうしたリスクに対してデータを適切に保護するとともに、いざというときにビジネスを迅速に立て直せる体制づくりのポイントを解説する。

photo
災害やサイバー攻撃が襲ってきても、ビジネスは続かなければいけない
(出典:Photo/Getty Images)

狙われる重要データ、不測の自然災害もリスクに

 顧客の情報を使ったサービス・製品提供が一般化するにつれ、企業は名前、住所、電話番号といった個人情報やカード情報など、重要なデータを保持するようになった。同時に、企業は悪意のある者にとって、これまで以上に“狙い甲斐のある”データの宝庫になった。

 「うちの会社は中小だから狙われない」と思っている読者もいるかもしれない。しかし、いまは企業規模に関わらず、サイバー攻撃を受けうる時代だ。ある中小企業は、過去の複数年分の経営情報がランサムウェアに狙われた。この企業は1年間の決算データしか手元に残らず、ビジネスを進めるうえで大きなダメージを受けたという。

 企業のデータにまつわるリスクは攻撃だけではない。自然災害もある。九州の豪雨、山形県沖地震など、日本のように台風や地震などによる災害が頻繁に起こる国では、どこにあるどんな企業でも、災害が降りかかり、重要なデータを失う可能性がある。

 サイバー攻撃や自然災害に見舞われても、重要なデータを守り、消失させない体制が重要だ。しかし、どうすればよいのだろうか?

この記事の続き >>
・重要なデータをどんなプラットフォーム上でも展開できるようにするには?
・バックアップしたデータの「活用」も手軽に行う方法
・地方都市の中堅・中小企業でもサポートしてもらえる方法とは?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

ビジネス+ITが新しくなりました 会員の方はログインの上、新しい会員規約に同意してください。

会員登録のメリットはこちら

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​