ようこそゲストさん

日本アイ・ビー・エム株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/07/15 掲載

VMware vSphereと「相性が良い」クラウドは? 数クリックで移行、しかも“無停止”

記事をお気に入りリストに登録することができます。
多くの企業にとっては、VMwareが提供する仮想化基盤は“当たり前”かつ“不可欠”な存在だ。だからこそ、VMwareの「クラウドへの取り組み」は非常に気になるトピックだろう。今やAWS(Amazon Web Services)、Microsoft Azure、IBM Cloudといった主要なパブリッククラウド上でも構築できるようになったVMware vSphere環境だが、その移行や共存に「本当に」適したクラウドとは、どのようなものだろうか。

photo
VMware vSphere基盤上ワークロードの価値の最大化を考えたとき、クラウドはどう選択するか
(Photo/Getty Images)

選択肢が広がったVMware vSphere 環境のクラウド移行、どうする?

 企業のシステムは、「仮想化」のフェーズから「クラウド」のフェーズへと移行している。仮想化の雄であるVMwareももちろんこうした流れを意識しており、これまで築いてきたオンプレミスでのVMware vSphere 環境を、クラウドへとスムーズに移行、拡張できるテクノロジーを開発している。

 その結果、今やAWSやAzureとも連携が可能となったVMwareだが、IBMとは、2016年2月、ハイブリッドクラウド分野での戦略的パートナーシップを発表したのを皮切りに、2017年8月にオンプレミスをクラウドに拡張するVMware HCXをIBMが国内で初めて採用するなど、その関係を強めてきた。

 なぜ両社の結び付きは強いのだろうか? 実は、両社のハイブリッドクラウド戦略を見ると、大きな共通点があることに気づく。それは「オンプレミスとクラウドをシームレスにつなぐ」ことをまず目指している点だ。

 IBMのハイブリッドクラウド戦略を紐解くと、「Migrate」「Modernize」「Build」「Manage」の4つの軸で展開されていることがわかる。日本アイ・ビー・エム IBMクラウド事業本部 安田 智有氏は、この4つを次のように説明する。

photo
日本アイ・ビー・エム
IBMクラウド事業本部
安田 智有氏
この記事の続き >>
・安田氏が「検討しなければもったいない」と強調する理由は3つ
・わずか数クリックで仮想マシンを「無停止で」移行
・クラウドと同じようにオペレーションできるオンプレミスを実現

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます