ようこそゲストさん

Okta Japan株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/01/13 掲載

ワークスタイル変革に必須の“ゼロトラスト”、なぜ「アイデンティティを境界に」構築すべきなのか

記事をお気に入りリストに登録することができます。
新型コロナウイルスの影響などにより、多様な働き方が推進されている。業務基盤のクラウドシフトや業務用デバイスの多様化などにより、従来の「境界防御」によるセキュリティ対策は限界を迎えている。従来の境界防御を超えた「ゼロトラストセキュリティ」をいかにして実現するか。利便性と安全性を両立する「アイデンティティを境界にした」ゼロトラスト実現のポイントを紹介しよう。

photo
なぜ「アイデンティティを境界に」ゼロトラスト環境を検討すべきか
(Photo/Getty Images)

「境界防御」のセキュリティ対策は限界にきている

 ビジネスのデジタル化が進み、コロナ禍によりテレワークへの移行が進んでいる昨今、ワークスタイル変革の機運が高まっている。スマートフォンをはじめ業務で利用するデバイスは多様化し、業務アプリケーションはSaaSなどクラウドでの利用が普通になった。

 「IT運用」そのものも変わりつつある。自社のデータセンターで、オンプレミスのシステムを運用するのではなく、クラウドのさまざまなサービスを組み合わせて使うことが当たり前となり、今や従業員が社外からインターネット越しにシステムにアクセスする状況が増えている。

 こうした状況下で、サイバーセキュリティ対策も変化している。従来のような、インターネット(社外)と社内ネットワークを境界によって区別し、外部からの攻撃を境界で防御することを主眼とする「境界防御」の考え方が通用しなくなってきたのだ。

 そこで注目されているのが「ゼロトラストセキュリティ」の考え方だ。これは、ユーザーやデバイスを「決して信頼せず、常に確認する」ことを基本とするもので、データやシステムへのアクセスのたびに認証を行い、「確認されたユーザーやデバイスのみが、適切なリソースに、適切な権限でアクセスできる」ようにする考え方だ。

 企業は、利用者である社員がネットワークの内外のどこにいるかを意識せず、クラウド、オンプレミス双方のシステムを自由に、安全に利用できる仕組みを整備することが求められているのである。

では、ゼロトラストセキュリティをどのように実現すればよいのか。鍵を握るのは利便性と安全性を両立する「アイデンティティ管理」だ。本稿でアイデンティティ管理によるゼロトラストセキュリティ実現への道を探っていこう。

この記事の続き >>
・アイデンティティ管理を軸にゼロトラストセキュリティを実現する方法
・ゼロトラストセキュリティの3つの構築ステップ
・全世界で約9000社の導入実績

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます