NTTビジネスソリューションズ株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/09/02 掲載

テレワークを阻む「属人化」「紙」の業務、RPA×AI-OCRが突破口になるワケ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
新型コロナウイルス対策としてテレワークが求められているが、なかなか進まないという声も多い。その原因として挙げられるのが、紙を必要とする業務だ。さらに、特定の人でないと回らない属人化した業務も、テレワークを阻害する要因となっている。こうした状況を打開する手段として注目したいのが、RPAとAI-OCRだ。なぜRPAとAI-OCRがテレワークに有効なのか、その道筋を明らかにする。

photo
属人化した業務を減らすポイントは何か?
(Photo/Getty Images)

テレワークの足を引っ張る「紙の業務」と「業務の属人化」

 新型コロナウイルスの感染拡大で、働き方は大きく変わった。リモートワークの拡大により在宅で働く人が増え、企業側もそれを前提とした仕組み・制度を模索する動きが広がっている。

 一方でリモートワークをしたくても、思ったように進められないという声も多い。特に経理部門などの「紙」を扱う部門では、なかなかリモートワークを進められない事情があるようだ。請求書や領収書などの処理はもちろん、システム間のデータのやりとりに紙を前提とした業務が残っていると、そのためだけに出社せざるを得ないケースも少なくない。

 テレワークを阻害するもう1つの要因が業務の「属人化」だ。どこの企業でも「○○さんがいないと回らない」業務があるものだ。もちろん、高度な知識・スキルを要する業務であれば問題はない。しかし、「昔からのやり方が何となく続いていた」、「ずっとその方法で業務が回っているから」と疑問に思わなかった……といった場合は、見直しが必要かもしれない。

 見直しが必要な理由の1つは事業継続計画(BCP)だ。もしも、その人がコロナに感染したら業務が回らなくなる。また、属人化した業務を見直すことで業務の可視化や標準化ができる、その結果としてテレワークで対応できる可能性も出てくる。

 このように、テレワークを進められない企業は、紙を減らし、属人化した業務を減らすことから検討するのが合理的だろう。ただし、「とはいっても、どこから着手すればよいか分からない」という企業も多いはずだ。

 業務を止めずに「紙」「属人化」を排するヒントとは、AI-OCRなどのテクノロジーやRPAなどの先進ツールをいかに活用するかにある。先進企業の事例から、紙を使った業務や属人化を減らす方法を解説する。

この記事の続き >>
・業務の自動化に不可欠なもの
・RPA×AIに〇〇を組み合わせて「ペーパーレス」が実現
・進化するRPAと周辺技術で、自動化できる業務が拡大するワケ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​