株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/02/10 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
クラウドシフトが進んでいるが、パブリッククラウドではなく、プライベートクラウドを選択する企業も数多く存在する。最新リージョン公開から3年が経つサイバーエージェントでは、プライベートクラウドの進化と共に、新たに見えてきた効率的な運用方法や課題があるという。同社のストレージ基盤がどのように変化してきたのか、また最新リージョンの具体的な製品構成や戦略がどのようなものか、知念 洋樹氏が明かした。

サイバーエージェントが導入するプライベートクラウド

 新しい未来のテレビ「ABEMA」やネット広告、スマホゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」などで知られるサイバーエージェントは、メディアと広告、ゲームの3事業を展開する国内トップクラスのインターネット企業グループだ。

 同社では、オープンソースの「OpenStack」をベースとしたプライベートクラウド「Cycloud(サイクラウド)」を運用している。Cycloudは現在、3リージョンがあり、合わせてvCPU6万コア、ストレージ容量1.7PB(ペタバイト)を有する。これまで同社ではデータセンターの選定からクローズまでを自社で一貫して行ってきた。

 このストレージとサーバ機器を中心に選定から構築、運用まで手広く従事するのが、サイバーエージェント CyberAgent group Infrastructure Unit(CIU)Platform Div. DCチームの知念 洋樹氏だ。知念氏は、特にストレージの運用方針について、「用途ごとに用意して、適材適所で利用してもらう」ことを重視しているという。

 知念氏は、同社が実際に行ったストレージの選定方法など、実践的なアドバイスとともに、投資効率を最大化する方法について明かした。

この記事の続き >>
・投資効果を最大化するために必要な戦略と機器選定のポイントとは
・マトリクスマップで4つのストレージの強みと弱みを把握
・保守満了後の3つの選択肢とそれぞれのメリット・デメリット

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​