セキュリティマネジメントカンファレンス 2021 2Days 協賛各社 、 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ/ソートスポット合同会社/Splunk Services Japan 合同会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/05/06 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
DX(デジタルトランスフォーメーション)の波は小売流通業界にも押し寄せている。しかしDXのノウハウのない小売企業が、単独で進めるのは容易ではない。BtoBtoCのビジネスモデルを展開するサントリー酒類は、リテールDXに取り組む企業の1つだ。同社 営業推進本部家庭用統括部MD推進担当 兼 リテールAI推進チームリーダーの内藤 未来氏に、その取り組み内容と業界全体で目指すべき方向性を語ってもらった。

リテールDXの実態

 小売業界でもDXの重要性は増しているが、思うように進んでいない企業は多い。リテールDXの現場で起きている課題について、内藤氏は次のように指摘する。

「小売企業さまにおけるDXは、ツールから入るケースが多い印象があります。しかし、ツールは導入したけれど、得られたデータを効果的に活用できていないケースが散見されます。たとえば、最近のトレンドである『AIカメラ』を導入すると、さまざまなデータを取得できますが、何のためにAIカメラを導入したのか『目的』を見失ってしまうと、導入した意味がありません」(内藤氏)

 小売店に設置されたAIカメラが取得できるデータは大きく「顧客」「商品」「棚全体」の3つに分けられる。「顧客」データは立ち寄り時間や手に取っている時間など、売場力を測定できる。これにより、商品プロモーションや店頭サイネージの最適化、ひいては売場最適化が可能になる。「商品」のデータからは欠品を検知できるため、機会損失の防止と補充順番の変更に活用できるだろう。「棚全体」は売場の状態を把握するためのデータである。「商品」と「棚全体」を組み合わせることで、棚割の最適化、発注・補充の最適化、ラウンドの効率化という効果も期待できる。

 1つのツールからこれだけの有効なデータが得られるにもかかわらず、実態は活用しきれていないケースが多いのだ。この課題を解消する際には、メーカーが果たせる役割が多くあると内藤氏は強調する。小売流通全体の流れを整理しながら、これからのメーカーの役割、リテールDXの留意点について、内藤氏にくわしく解説してもらおう。

この記事の続き >>
・リアル店舗が今すぐ導入すべき「ECの考え方」
・注目高まる「リテールメディア」活用、よくある勘違いとは
・メーカーとリテールに求められる「取引関係」から「○○関係」へのシフト
・リテールDXに求められるサステナビリティの観点

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​