キンドリルジャパン株式会社/東京エレクトロン デバイス株式会社/Cloudflare Japan株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/07/22 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
サイバーエージェントでは、2010年頃の段階からシステムに応じて最適な環境をオンプレミスやパブリッククラウドで構築。顧客満足度の高いサービスを下支えできるIT基盤を作り上げてきた。満足度が高いサービスを提供するためのIT運用とは何か? サイバーエージェントでITインフラを統括する 長谷川 誠 氏にこれまでの取り組みや、今後の展開、考慮すべきポイントなどを聞いた。

システムに応じてプライベートクラウドもパブリッククラウドも活用

 世の中で「ハイブリッドクラウド」という言葉が使われ始めた2010年頃、サイバーエージェントではスマートフォン向けのサービスを次々と生み出していた。

 サイバーエージェントで同社のITインフラを担うCIU(CyberAgent group Infrastructure Unit)の長谷川 誠 氏は「この頃、弊社ではスマホ向けのサービスに注力していたのですが、事業の成長を支えるための基盤としてプライベートクラウドを構築しながら、一部のシステムではパブリッククラウドを使用するというハイブリッド構成でシステムを運用していました」と語る。

「弊社では昔から、現場のエンジニアが裁量権を持ってプロジェクトを進める文化があります。自由と責任のもとに進められる、弊社のこの文化が、システムに応じて最適な環境を構築する手助けとなっています」(長谷川氏)

 同社ではこうした方針の下、メディア事業の「ABEMA」、ゲーム事業の「ウマ娘」など、高い顧客満足度を得る新規サービスを連発し、2021年には時価総額1兆円を超えた。

 高い成長率を誇るサイバーエージェントは現在、どのようにクラウドを利用してさまざまなサービスの基盤となるITインフラを構築しているのか? その運用体制とは? 同社におけるクラウド戦略や、運用のための投資に値するサービスの選択時に考慮するべきポイントなどを探る。

この記事の続き >>
・システムの「良いとこ取り」とは?
・サイバーエージェントのハイブリッドクラウド・マルチクラウド戦略
・考慮するべきコストやセキュリティ面でのメリット・デメリットを解説

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​