エムオーテックス株式会社/株式会社セールスフォース・ジャパン(Slack) 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/09/01 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
コロナ禍を機にテレワークが普及しつつある。各社が新しい働き方を模索する中で、働く場所と時間に縛られない新たなスタイルとして「ワーケーション」が注目されている。ワーケーション導入には、企業にとっても従業員にとってもさまざまなメリットがある。JTB総合研究所 交流戦略部長 主席研究員であり、内閣府 地域活性化伝道師としても活動をする山下真輝氏にワーケーション推進の背景や現状、実際の取り組みを語ってもらった。

新しい旅のスタイルとして注目される「ワーケーション」

 「コロナ禍で、ワーケーションは『新しい旅のスタイル』として注目されています」と語るのは、JTB総合研究所 交流戦略部長 主席研究員 兼 内閣府 地域活性化伝道師の山下真輝氏だ。

 山下氏は、2019年に日本国際観光学会「ワーケーション研究会」を大学、行政、企業とともに立ち上げ、多様化する価値観や働き方への対応、企業の健康経営やさまざまな社会課題の解決に向け、ワーケーションの導入と普及に向けた調査・研究を行っている。

 そもそも「ワーケーション」とは「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語だ。普段の職場と異なるリゾート地や地方などで働きながら、休暇を取得する。非日常の空間でリラックスしながら働くことにより、心身の健康や業務の時間密度の最大化、発想力の向上などが期待される。

 以下では、山下氏がワーケーション推進の背景や現状を説明するとともに、ワーケーションで広がる新しいワーク&ライフスタイルについて紹介する。

この記事の続き >>
・人材流出防止策として取り組む企業も。ワーケーション推進の背景には何が?
・厚労省の資料で明確化された労務管理基準。「ワーケーションはテレワークの一環」
・よくあるワーケーションの誤解と主要な4形態
・半数が「経験はないが興味がある」。調査で明らかになったワーケーションの期待と懸念

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​