NTTコミュニケーションズ株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/12/14 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
新潟県・燕市に本社を置く遠藤製作所は、創業70年を超える老舗金属加工メーカーだ。同社は独自の精密機械加工技術を有し、コロナ禍でも業績を伸ばしてきた。技術がユニークなこともあり、これまで同社はシステムを自前で構築してきたが、経営戦略室の発足に伴い、IT戦略を見直したことを機に、自前主義から脱却。IT要員は2名しかいないにも関わらず、標準化されたIT化やIoT化のサービスを導入しながら、自社のDXを推進している。

老舗ながら順調に拡大も、感じていた「危機感」とは?

 遠藤製作所は創業当時、ミシン部品の製造を手掛けていた。その後は絞り加工、鍛造加工、自動車部品の製造など、変化をいとわず顧客のニーズに応じて技術力を発展させ、現在はプリンタや複合機(OA機器)部品などに使われる独自のメタルスリーブ製品、自動車を中心とした鍛造品、ゴルフ関連製品の3つの柱で事業を展開。タイにも1000名規模の生産拠点を有している。

 そうした中、新型コロナウイルスの流行による社会変化が同社を襲った。需要の変化やサプライチェーンの混乱から多くの製造業が苦境に立たされたが、当時の状況を同社 取締役 経営戦略室 遠藤 新太郎氏は次のように振り返る。

「パンデミック当初は非常に苦しかったのですが、生産体制の効率化や固定費の削減を進めながら、ゴルフクラブの需要が増えていることに着目し、さらにキャンプ用品への新規参入などにも取り組んだことで、影響を最小限に抑え成長することができました」(遠藤氏)

 順調に拡大しているように見える同社だが、「近年のビジネス環境の劇的な変化をみると、この先も順風満帆であるという保証はありません」と遠藤氏は危機感を語る。

「現在、自動車の部品は数多くありますが、今後EV化が進めば部品点数も絞られてくるでしょう。プリンタや複合機も、ペーパーレス化で市場が縮小していくかもしれません。そういった環境変化に対応していくためには、『柔軟性』と『スピード感』がより重要になると考えています」(遠藤氏)

 そこで同社は、これからの事業に求められる柔軟性とスピードを獲得するために、DX(デジタルトランスフォーメーション)の実現、その第一歩としてIoT導入とデータ解析プラットフォームの刷新を目指すことを決意する。だが情シス部門の担当者がたった2名しかいない中、いかにしてIoTを導入し、データを保管・分析できる基盤を整えたのだろうか?

この記事の続き >>
・自前主義からサービス活用へ、パートナーはどのように選んだ?
・IoTの導入で現場の“経験”や“勘”をデータで可視化
・難しい製造業のDX、遠藤製作所はなぜ「踏み込めた」のか?

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます