• 会員限定
  • 2023/07/03 掲載

「Vision Pro」は値段高すぎ?アップル「MR/ARビジネス」が商業的に成功する確率とは

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
アップルが発表したMRヘッドセット「Vision Pro」が注目を集めている。2024年初頭に米国で販売予定とされるVision Proは、3,499ドルという価格設定だが、高価な価格設定から、一般消費者に広く普及しないかもしれないとの見立てもある。一方、同時にアップルが注力しているのが、新たなARグラスの開発だ。最新情報ではARスタートアップを買収、ARグラス開発を加速させているが、その狙いはどこにあるのか。アップルが買収したAR企業「Mira」の特徴から、アップルのMR/ARビジネスの狙いを考察したい。
執筆:細谷 元、構成:ビジネス+IT編集部

執筆:細谷 元、構成:ビジネス+IT編集部

バークリー音大提携校で2年間ジャズ/音楽理論を学ぶ。その後、通訳・翻訳者を経て24歳で大学入学。学部では国際関係、修士では英大学院で経済・政治・哲学を専攻。国内コンサルティング会社、シンガポールの日系通信社を経てLivit参画。興味分野は、メディアテクノロジーの進化と社会変化。2014〜15年頃テックメディアの立ち上げにあたり、ドローンの可能性を模索。ドローンレース・ドバイ世界大会に選手として出場。現在、音楽制作ソフト、3Dソフト、ゲームエンジンを活用した「リアルタイム・プロダクション」の実験的取り組みでVRコンテンツを制作、英語圏の視聴者向けに配信。YouTubeではVR動画単体で再生150万回以上を達成。最近購入したSony a7s3を活用した映像制作も実施中。
http://livit.media/

photo
「Vision Pro」が話題のアップル、その次なる一手とは?
(Photo/Shutterstock.com)

Vision Proの次の打ち手とは?

 アップルが公式発表したMRヘッドセット「Vision Pro」は、すでにさまざまなメディアで実体験レビューが実施されているが、その評価はおおむねポジティブなものとなっており、消費者の期待も高まっているようだ。しかし、価格が3,499ドル(約50万円、6月27日時点)とかなり高価であるため、実際に購入する人の数は限定されると見られる。Vision Proが出荷されるのは2024年の予定だ。

 アップルのVision Proが公式発表されたのは2023年6月6日だが、その存在は以前から知られており、2023年1月時点では、かなり具体的な情報がThe Informationやブルームバーグなどのメディアで報じられるようになっていた。関係筋の話によると、アップルはまず今年中にMRヘッドセット(Vision Pro)を発表し、その後早ければ2024年、または2025年に低価格MRヘッドセットの販売を開始する予定という。

 一方、ブルームバーグはこの時点で、アップルが計画を大きく変更したとも伝えている。当初の計画では、MRヘッドセットの発売後に、ARグラスをリリースする予定であったが、ARグラスの開発を延期することになったという。

 アップルは、MRヘッドセットの先の技術として、1日中着用できる軽量なARグラスの開発を目指しているが、技術的な課題に直面、計画を変更せざるを得ない状況になったようだ。アップルはARグラスの開発を進め、どのような展開を考えているのだろうか。

画像
アップルがAR企業を買収した狙いとは?アップルが考えるARビジネスの方向性とは
(Photo/Shutterstock.com)

アップルが買収したAR企業「Mira」とは

 Vision Proが発表された翌日2023年6月7日に、興味深いニュースが報じられた。The Vergeが報じたところでは、アップルはこのほどロサンゼルス拠点のARデバイス開発スタートアップMiraを買収した。この買収は、MiraのCEOのインスタグラムプライベートアカウントによる投稿と関係筋の情報から明らかになった。また、アップルもこの買収について認めている。

 Miraの買収額は公表されていないが、同社はこれまでに約1,700万ドルの資金調達を行っていたと報じられている。また、かつてアップルのデザイン責任者であったジョニー・アイブ氏が、Miraのアドバイザーの1人だったことを、Miraの元従業員が明らかにしている。

 アップルが買収したMiraとはどのような企業なのだろうか。同社は、エンターテインメントと産業向けのARソリューションを開発するスタートアップだ。エンタメ向けには、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにある「スーパー・ニンテンドー・ワールド」やロサンゼルスのユニバーサル・スタジオで展開されているアトラクション「マリオカート」向けのARヘッドセットを提供している。

 一方、産業向けでは、米軍との約70万ドルの契約により、トラビス空軍基地向けに同社の「Prism Pro」ヘッドセットを提供している。基地の整備士は、このARヘッドセットを着用することで、各地の専門家と直接通信しつつ、ハンズフリーで整備を行うことが可能になった。

 これらは事例の一部でしかない。アップルが買収したMiraの提供ソリューションや導入先の企業を知ると、アップルの買収の狙いが見えてくるかもしれない。 【次ページ】なぜアップルはMiraを買収した? ARビジネスに懸ける理由

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

関連コンテンツ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます