IT導入検討

会員限定

株式会社ハンモック提供コンテンツ

2018年02月28日

パナソニック事例:1万7000台のPCで安定稼働、コストを30%削減した情報漏えい対策ツール

導入事例

パナソニックインフォメーションシステムズは、パナソニックグループ全体の従業員のPC(国内約16万台)の管理を行っている。中でも情報漏えい対策では、既存ツールの高コストと品質が問題となっていた。そこで同社は、品質を担保しつつ、コストを抑えてパナソニックグループ全体に提供できるツールを探し出し、採用した。現在、このツールにより30%のコストダウンに成功し、約1万7000台のPCへ導入されている。今後は、グループ全体へのさらなる展開も計画されている。同社が採用したツール、採用の経緯と理由、活用方法を紹介する。

ページ数:4ページ
【目次(抜粋)】
●導入の背景:パナソニックグループ全体に導入できるソフトを探していた
●選択の理由:大規模な台数、細かい階層分けにも強い
●導入効果:「30%」のコストダウン
●運用の工夫:バージョン変更時のトラブルも利用者に影響を与えない
●今後の展開:まずは重要情報を扱うPCから

この続きは会員限定です