開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社テラスカイ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/05/31

技術文書

ホワイトペーパー
御社がSalesforceを使いこなせていないワケ、「データ連携」鉄板5パターンを解説
顧客管理や営業支援ツールとして世界随一の実績を持つ「Salesforce」。だが、ユーザーからはときに「入力のために業務が増える」というマイナスの声が聞かれる。「業務が増える」と受け止められる原因は、業務ごとにシステムが分かれ、バラバラに運用されているためだ。そこで役に立つのが「データ連携ツール」だ。ユーザーの手間を削減し、さらにSalesforceを有効活用できる「データ連携」鉄板5パターンを本資料では解説する。
ページ数:5ページ
内容
●Salesforceを使い始めると、業務が増える!?
●足を引っ張るのは、既存システム
●Salesforceと既存システムを「連携」する
●Salesforceをもっと活用する、データ連携の5パターン

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!