開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

arcserve Japan合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/12/03

技術文書

ホワイトペーパー
「1日前のデータに復旧」では意味がない 最短で復旧するための5ステップとは?
地震や台風などの自然災害、ランサムウェアなどのマルウェア被害、システム障害などに備え、データをバックアップする対策は、いまやすべての企業に求められている。ただし、ただバックアップだけでは十分とはいえない。たとえば、復旧できるのが1日前のデータだと、1日前の業務から再開することになり、ビジネスへの影響は避けられない。より重要なことは、データ損失やシステム停止から最短で復旧し、損害を最小限に抑えることだ。本資料では、そのために必要な5つのステップを解説している。
ページ数:6ページ
内容(一部抜粋)
●昨日のデータからの復旧で業務を再開しても問題はありませんか?
・データ損失による財務的な損失
・災害や障害から迅速に復旧する
●データの「可用性」が1日前のデータにアクセスできるのでは 意味がない
・最短で業務再開するための5つのステップ
・最適なソリューションの検討

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!