開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ジュニパーネットワークス株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/08/30

技術文書

ホワイトペーパー
「ツールが乱立、対応困難」アジア太平洋地域11カ国のサイバーセキュリティ最新動向
企業システムのクラウド化に伴って、新たなセキュリティ対策が求められている。ただし、多くの企業は、まだ手探りの状態だ。本資料は、日本を含めたアジア太平洋地域11カ国のIT部門の意思決定者350人を対象に実施されたサイバーセキュリティ対策の調査レポートだ。それによると、アジアの企業はクラウドへの移行が急速に進んでいる一方で、セキュリティ対策はサービスプロバイダーに過度に依存し、利用しているセキュリティツールの数も多いという。最新の調査から見えてきた、サイバーセキュリティ対策の現状と課題を確認したい。
ページ数:1ページ
目次(一部)
●会社の全ワークロードのうち、どの程度をクラウドに移行していますか?
●会社のインフラストラクチャで利用または管理しているセキュリティツールはいくつありますか?
●セキュリティチームが1日に受け取る脅威アラートの数はどれくらいですか?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!