開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/09/26

導入事例

ホワイトペーパー
【DMM.com事例】6000台の仮想化基盤運用、データ容量を1/3まで削減した手段とは
インターネットを通して多彩なサービスを提供するDMM.comでは、自社内で各種サービスのインフラとなる約6000台の仮想サーバからなる仮想化基盤を構築・運用している。この既存ストレージの容量が切迫したことで、同社はサービス基盤用ストレージの環境改善に着手。結果、データ容量を約3分の1まで削減することに成功した。サービス品質向上やシステムの安定稼働のため、同社はどのような取り組みを行ったのか。詳細を本資料には記している。
ページ数:4ページ
目次(一部抜粋)
●サービス基盤用ストレージの環境改善が大きな課題に
●多彩な機能とコストメリットを評価しハイブリッドモデルのストレージを採用
●システム/データ保護の課題を解消 データストアの幅を拡げることも可能に
●新たなTECH VISIONの実現に向け今後も継続的な改善・改革を推進

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!