開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/09/11

技術文書

ホワイトペーパー
そのデータベース、自社のジョブに適してる? 8つの「専用データベース」とその選び方
データが多くの企業にとって「戦略的資産」となった今、データベースの重要度はますます高まっている。そこで、データベースをクラウドに移行することで、時間とコストを削減し、新しいアプリケーションやサービスを迅速に市場に送り出すことが期待されている。しかし、クラウドへの移行には重要なポイントがある。すなわち、ビジネスニーズに応じた専用データベースを選択することだ。今後はリレーショナルデータベースだけでなく、さまざまなアプリケーションのニーズに合わせて構築された専用データベースが必要となる。本書は、リレーショナル、キーバリュー、ドキュメント、インメモリなど、8種類のデータベースの特徴や利点などを説明した上で、実際に目的別の専用データベースを活用することで成功を収めたAirbnbなどの先進事例を紹介する。
ページ数:24ページ
内容(一部抜粋)
●データの成長により変化するデータベースへのニーズ
●8種類のデータベースの特徴
●データベース導入事例

ビジネス+IT転送ページ




ページが切り替わらない場合はこちらをクリックしてください。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!