開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社レコモット提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/08/27

製品資料

ホワイトペーパー
リモートワイプ頼みは時代遅れ? テレワーク普及時代の「モバイルセキュリティ」新定番
新型コロナウイルスの流行もあり、近年、急速に普及したテレワーク。そこで課題となっているのが「スマートデバイスの調達・運用コスト」だ。昨今はBYOD(私物端末の業務利用)が再び注目を集めており、端末のセキュリティ対策も現代に合わせたアップデートが求められている。たとえば、スマホのセキュリティ対策の主要機能「リモートワイプ」は、その成功率の低さが問題視されている。以下の資料では、現在のテレワーク環境でも有効なセキュリティ対策を実現するツールの選び方を解説する。
ページ数:27ページ
内容(一部抜粋)
●働き方改革法の施行後に広がったテレワーク対象者
●最新トレンドは会社支給とBYODのハイブリッド
●スマホにおけるセキュリティ対策の代名詞「リモートワイプ」に潜む危険性
●テレワーク普及時代のセキュリティ対策の選択基準

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!