開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

サイバネットシステム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/10/15

技術文書

ホワイトペーパー
「うるさい」「不快」…“音”がUX向上のカギとなる? 設計初期から音に向き合う方法
「音」は製品の品質の一部だ。テレビやスピーカーはもちろん、自動車や列車、さらには洗濯機やドライヤーまで、消費者にとって音は重要な評価指標である。どんなに高機能でデザインが優れていても、静かな家の中で大きな音を立てる洗濯機やドライヤーは、アマゾンのレビューで「うるさい」と書かれてしまう。ソーシャルメディアが購買に影響を与えるようになった今、音の問題は避けて通れない。しかし、製品開発において、音の評価は難しい。実物の試作段階まで待つと、問題が発生したとき対処が困難になってしまうからだ。そこで本資料では、製品モデリングの初期段階から音をシミュレーションするテクノロジーについて解説する。設計の初期段階から音を評価できるため、音響問題の解決にかかる手間・コストを大幅に削減できるはずだ。
ページ数:6ページ
内容(一部抜粋)
●音の重要性とは
●実物の試作の問題点
●音響設計のプロセスを最適化するには

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!